プレスリリース | PRESS RELEASE

中高年向けSNS「趣味人倶楽部」で、小説など自分の作品を公開できる「創作広場」を開設~有名作家による書き下ろし小説の連載も開始~

 株式会社ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子)とクラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:岡本邦夫)が運営する、中高年向けSNS「趣味人倶楽部」(読み方:しゅみーとくらぶ)において、2009年7月8日(水)より、小説や詩、川柳など自分の作品を公開できる「創作広場」を開設します。また、有名作家である北村薫氏、山本一力氏、篠田節子氏が「趣味人倶楽部」の会員向けに書き下ろしの連載を順次開始します。

 「創作広場」は、「趣味人倶楽部」の会員なら誰でも自由に小説や詩、俳句、川柳、短歌などの作品を投稿できるコンテンツです。会員は創作者登録をするだけで、創作者ネームを使い、簡単に作品を投稿することができます。また、今まで公表せずに書き溜めていた作品や、これから書こうとしている作品を、 14万人以上の会員に向けて公開する事が可能になります。また、作品の途中で「しおり」をはさめる機能やファン登録、投稿者への応援メッセージを送ることもできます。

 今回の「創作広場」の大きな特徴として、中高年に人気の高い作家である北村薫氏、山本一力氏、篠田節子氏の三人が、「趣味人倶楽部」の会員だけに書き下ろしの作品を公開します。北村薫氏は、「夜の蝉」で日本推理作家協会賞を受賞するなどミステリー作品で人気を博した作家で、「創作広場」開設後、「道」という作品の連載を開始します。また2001年に「あかね空」で 直木賞を受賞し、人情味あふれる時代小説で人気の山本一力氏や、1997年 「女たちのジハード」で直木賞を受賞し、ミステリーや恋愛小説などジャンルを超えた作品で人気の篠田節子氏も順次連載を開始します。

 「創作広場」の開設により、投稿作品を通じた会員同士の交流を活性化できるだけでなく、今まで創作に触れた事がなかった会員にも新しい自己表現の場を提供できると考えています。

 今後も「趣味人倶楽部」は、中高年の会員の要望に応え、サイト上での交流をより活発にする企画を展開していく予定です。

■ 「創作広場」 詳細
開設日 : 2009年7月8日(水)
URL   : http://smcb.jp/ (オープン後、トップページより誘導を行います)

■ 書き下ろし連載
・北村薫 
連載期間  :   7月8日(水)~終了日未定 ※毎週水曜日連載予定
作品名    :   「道」

・山本一力、篠田節子(予定)
連載期間、作品名未定

■ 連載作家プロフィール

・北村薫
1949年埼玉県生まれ。早稲田大学卒業後、高校教師の職に就きながら、1989年「空飛ぶ馬」で作家デビュー。殺人事件が起こらない日常の些細な謎や疑問を明快な論理で解決するミステリー作品で人気を博す。1991年に「夜の蝉」で第44回日本推理作家協会賞を、2006年に「ニッポン硬貨の謎」で第6 回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)を受賞。近著に「鷺と雪」など。

・山本一力
1948年高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、旅行代理店、広告制作会社勤務などを経て、1997年「蒼龍」で第77回オール讀物新人賞を受賞し作家デビュー。2002年に「あかね空」で第126回直木賞を受賞。近著に「ほうき星」「くじら組」「晋平の矢立」など。

・篠田節子
1955年東京生まれ。東京学芸大学学校教育学部卒業後、市役所勤務を経て、1990年「絹の変容」で第3回小説すばる新人賞を受賞し、作家デビュー。 1997年に「ゴサインタン」で第10回山本周五郎賞を、「女たちのジハード」で第117回直木賞を受賞。近著に「仮想儀礼」「薄暮」など。

■ 「創作広場」 サイトイメージ

20090708_img01.jpg

DeNAのアプリ