プレスリリース | PRESS RELEASE

「モバゲータウン」、ゲームのオープン化について~「OpenSocial」に準拠した「モバゲータウン」のAPIを開放~

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)は、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」(7月末現在会員数:1,469万人、URL:http://mbga.jp)のゲームにおけるAPI*1をサービス事業者・開発者(以下デベロッパー)に開放し、オープン化をすすめていきます。これにより、「モバゲータウン」をプラットフォームとして、デベロッパーが「モバゲータウン」のユーザにゲームを公開することが可能になります。
「モバゲータウン」のオープン化を推進していくにあたり、まず、2009年9月上旬にデベロッパー向けサイトのオープンを予定しています。今後の予定については、決定次第お知らせしていきます。

 この度のオープン化では、「OpenSocial」*2に準拠したAPIに加え、「モバゲータウン」がこれまで培ってきたゲーム制作ノウハウをつぎ込んだゲームAPI、課金APIなど、ゲーム制作に最適化されたAPI群をデベロッパーの皆様に広く開放します。

 DeNAは、「モバゲータウン」のゲームオープン化により、デベロッパーによる新しい創造力が活かされたゲームが次々と開発され、「モバゲータウン」で公開されることを期待しています。また、デベロッパーは、「モバゲータウン」のプラットフォーム上でゲームを公開することにより、課金収入のレベニューシェアとゲーム内広告の売上を得ることができるようになる予定です。

 DeNAは、今後もオープン化の流れを加速させ、ケータイNO.1ポータルサイトを目指します。

*1「API」 ・・・ アプリケーション・プログラム・インターフェイスの略。デベロッパーが開発したゲームアプリケーションを、
         「モバゲータウン」のプラットフォームを介して公開するための通信規約。

*2「OpenSocial」 ・・・ Google社を中心に策定されたSNS向けの共通API。「OpenSocial」APIを利用することで
              デベロッパーは、1つのアプリケーションを複数のSNSで動作させることができる。

DeNAのアプリ