プレスリリース | PRESS RELEASE

第5回日本ケータイ小説大賞「野いちご」に加え「E★エブリスタ」からも応募可能に!募集テーマ ~青春~

 株式会社毎日新聞社(東京都千代田区一ツ橋1ー1ー1、朝比奈豊代表取締役社長)、スターツ出版株式会社(東京都中央区日本橋3ー3ー9、菊地修一代表取締役社長)、株式会社エブリスタ(東京都渋谷区代々木4ー30ー3、池田純代表取締役社長)は「第5回日本ケータイ小説大賞」で、ケータイ小説サイト「野いちご」に加え、総合UGCメディア「E★エブリスタ」からも公式に応募可能となることを発表し、7月20日から募集を開始します。
 「日本ケータイ小説大賞」は携帯電話上で読み書きされる「ケータイ小説」を幅広い世代に紹介し、新たな文化として育つことを願って2006年夏に創設されました。女子高生を中心に支持されてきたケータイ小説は、現在、男女を問わず幅広い年齢層に広がりを見せています。
 今回の「E★エブリスタ」の大賞参加により、本サイトの主要会員である20代~30代にも広く門戸を開放し、より多くの新しい感性を持った書き手を発掘していきます。

1. 概要
名 称 : 第5回日本ケータイ小説大賞
主   催 : 日本ケータイ小説大賞実行委員会(毎日新聞社、スターツ出版)
共   催 : 株式会社エブリスタ
協賛 ・ 後援 : 決定し次第、日本ケータイ小説大賞公式サイト(http://nkst.jp)にて発表します。
各   賞 : 大賞1作品(賞金100万円)、優秀賞2作品(賞金各30万円)。スターツ出版より単行本または文庫として出版。 ※該当作なしの場合もあります。
テ ー マ : 青春
選 考 方 法 :  応募者は、スターツ出版の運営する携帯小説サイト「野いちご」(http://no-ichigo.jp)、またはUGCメディア「E★エブリスタ」(http://estar.jp)に登録、書き込んでください。「野いちご」「E★エブリスタ」各サイト内で、8月上旬に第1次読者投票を行い、上位30作品に絞ります。第2次投票は、日本ケータイ小説大賞公式サイト(http://nkst.jp)内で行い、ファイナリスト15作品を選抜。最終審査は、著名文化人、実行委員会代表らで行います。
発 表 : 2011年2月中旬、携帯サイト(日本ケータイ小説大賞公式サイト、野いちご、E★エブリスタ、毎日新聞・スポニチ、オズモールモバイル)、インターネット(毎日jp、オズモール)などで受賞者と作品を発表します。

※応募要項詳細は公式サイトまたは「野いちご」「E★エブリスタ」各サイトにてご確認ください。

2. 応募サイト概要
■野いちご(http://no-ichigo.jp)
2007年5月にオープンした、数々のケータイ小説を世に生み出すスターツ出版株式会社が運営する小説専門サイト。無料で作品の閲覧、投稿ができ、投稿された作品の中から100作品以上を書籍化、約50人もの作家を輩出しています。特に恋愛小説は女子中高生から絶大の支持を得ており、ケータイ小説文庫は創刊1年で100万部を突破しました。また、作品ジャンルは、恋愛以外にも青春、ノンフィクション、ミステリー、ホラー、ファンタジーなど多岐にわたり、投稿作品を自分だけのオリジナル本として製本できる出版社ならではのサービスも提供しています。

■E★エブリスタ(http://estar.jp)
2010年6月にオープンした、株式会社ディー・エヌ・エーと株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの合併会社である株式会社エブリスタが運営する総合UGCメディア。有料の「E★エブリスタ プレミアム」と、無料のUGCの2つのサービスからなるサイトです。
「E★エブリスタ プレミアム」の利用料は月額210円(税込)で、小説・コミックなど、プロ作家や著名人等によるさまざまなジャンルのオリジナル作品を揃えています。UGCでは、一般クリエイターの作品を無料で閲覧・投稿することができ、ケータイ小説をはじめ、コミックやイラスト、写真、レシピ、俳句など、現在作品数は100万を超えています。

3. 会社概要
■株式会社毎日新聞社
代表者 : 代表取締役社長 朝比奈豊
創 刊 : 1872年2月21日
資本金 : 41億5000万円

■スターツ出版株式会社
代表者 : 代表取締役社長 菊地修一
設 立 : 1983年3月2日
資本金 : 5億4087万円
主な事業内容 : 雑誌、書籍、無料雑誌等の企画及び発行
雑誌、インターネットの広告業
コミュニティ紙の発行
ウェブサイト、モバイルサイトの企画運営

■株式会社エブリスタ
代表者 : 代表取締役社長 池田純
設  立 : 2010年4月1日
資本金 : 8億円
主な事業内容:モバイルでのUGCメディアの運営

DeNAのアプリ