プレスリリース | PRESS RELEASE

あの『島耕作』が出世バトラーになってMobageに登場!『出世バトラー島耕作』提供開始

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安功、以下DeNA)と、株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野間省伸、以下 講談社)は、DeNAが運営する「Mobage(モバゲー)」(URL:http://mbga.jp/)へ『島耕作』シリーズを題材としたソーシャルゲーム、『出世バトラー島耕作』を2011年9月30日より提供開始いたします。

20110930_img01.jpg

『出世バトラー島耕作』は、原作に登場する個性豊かなキャラクター達と共に最強の出世バトラーを目指す、ソーシャル出世ロールプレイングゲームです。本作は11月頃よりスマートフォン端末向け「Mobage」にも対応する予定となっています。
DeNAは、今後もDeNAならではの企画・開発力と講談社が取り扱う有力タイトルを融合させ、「Mobage」に新しいゲームを提供していく予定です。

■『島耕作』シリーズについて

20110930_img02.jpg

1983年に『係長 島耕作』のタイトルで、モーニングの前身「コミックモーニング」に初登場。サラリーマン島耕作の活躍を描いた連載作『課長 島耕作』が世間の共感を呼び、第15回講談社漫画賞を受賞。その人気は不動のものとなる。現実の経済や世相に合わせた作品づくりを特徴とし、その後も『部長』『取締役』『常務』『専務』と島耕作の出世に合わせタイトルを変えながら、現在「モーニング」では『社長 島耕作』、「イブニング」では『係長 島耕作』が連載中。
単行本売上は、累計約3700万部。08年にはシリーズ25周年を迎えている。

・作者プロフィール
弘兼憲史
1947年山口県岩国市生まれ。早稲田大学卒業。松下電器産業に勤務の後、1974年漫画家デビュー。『人間交差点』(原作:矢島正雄)にて第30回小学館漫画賞、『課長 島耕作』にて第15回講談社漫画賞、『黄昏流星群』にて2000年文化庁メディア芸術祭優秀賞・2003年漫画家協会賞大賞をそれぞれ受賞。2007年には紫綬褒章を受章した。
主な作品はほかに、『ハロー張りネズミ』『加治隆介の議』など多数。現在は、『社長 島耕作』(モーニング)『係長 島耕作』(イブニング)『黄昏流星群』(ビッグコミックオリジナル)コラム『パパは牛乳屋』(週刊朝日)を連載中。

■『出世バトラー島耕作』ゲーム詳細

・名刺交換でパートナーを育てろ
「仕事」中に発生する「名刺交換」に成功すると「パートナー(原作キャラクター)」を獲得したり、「パートナー」の能力を成長させることができます。

・手柄を集めて出世街道を駆け上がれ
「仕事」を実行したり、「出世レース(バトル)」に勝利することで「手柄」を獲得する事ができます。「手柄」を集めると「出世チャンス」が訪れます。見事、「出世チャンス」で行われる面談ゲームをクリアすると、出世やキャリアアップ(次の会社へ行く事)が可能となります。

・ルーレットを回してパートナーに貢げ
「パートナー」の能力は、「パートナー」にどれだけ「貢物」を貢いだかによって左右されます。「貢物」は「出世レース」中にチャレンジすることができるルーレットで入手でき、運良く大当たりを出すと、「油田」や「無人島」などの強力な貢物を入手する事ができます。

■ ゲーム画面

20110930_img03.jpg

■『出世バトラー島耕作』概要

  • 提供開始日
    2011年9月30日
  • ジャンル
    ソーシャル出世ロールプレイングゲーム
  • スマートフォン対応
    2011年11月予定
  • 利用方法
    フィーチャーフォン版「Mobage」への会員登録後、利用可能
  • 利用料
    アイテム課金制
  • 権利表記
    © 2011 弘兼憲史/講談社
    © 2011 講談社/DeNA
    Developed by CrossGames
  • サイトURL
    http://pf.mbga.jp/12007267 ※携帯電話のみアクセス可能 20110930_img04.jpg

DeNAのアプリ