プレスリリース | PRESS RELEASE

ソーシャルゲームの利用環境向上に関する取組みについて

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安功、以下DeNA)は、ソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage(モバゲー)」上のソーシャルゲームにおいて、安心・安全な利用環境を向上させることを目的に、各種施策を実施いたします。また、「Mobage」上にゲームを提供しているパートナー各社にご賛同いただき、プラットフォーム全体に取組みを広げてまいります。

 DeNAでは、これまでも「Mobage」において、ソーシャルゲームを含むプラットフォーム上の利用規約における禁止事項について、24時間365日総勢400名体制のサイトパトロールを実施し、厳しく対応してまいりました。このたび、ソーシャルゲームの健全な利用環境を妨げるリアルマネートレード(以下RMT)*などの規約違反行為に対して、パートナー各社が協力して強固な取り組みを徹底する必要があると考え、この取組みに賛同していただいた各社とともに、以下の事項を実施することといたしました。

<取組み案>
1. ソーシャルゲーム上の管理・対応の強化・徹底
DeNAは、プラットフォーム事業者として、規約違反ユーザの抽出方法の精度向上や規約違反ユーザへの対処方法の共通化等、適切な対応を検討し、実施してまいります。また、規約違反ユーザに対する警告表示やアイテム交換機能の利用制限とペナルティ実施のルール共通化を業界各社に働きかけてまいります。

2. パートナー各社との連携
「Mobage」上で実施する各種施策をパートナー各社へ広げていくことと同時に、各社と意見交換・情報共有等を行い、より実効性の高い対応方法を検討・構築してまいります。

現在までに決定している賛同企業13社一覧(2012年3月21日現在、五十音順)
株式会社エンターブレイン
株式会社角川コンテンツゲート
株式会社カプコン
株式会社カヤック
KLab株式会社
CROOZ株式会社
株式会社gloops
株式会社コーエーテクモゲームス
株式会社コナミデジタルエンタテインメント
株式会社Cygames
株式会社セガ
株式会社バンダイナムコゲームス
株式会社マーベラスAQL
※今後も本取組みに対する賛同企業を募り続けてまいります。

3.関係各所との連携
有識者等の助言を仰ぎながら、各施策を検討してまいります。

 また、本取組みを業界全体に進展させるため、NHN Japan株式会社、グリー株式会社、株式会社サイバーエージェント、株式会社ドワンゴ、株式会社ミクシィのプラットフォーム事業者5社とともにソーシャルゲームの利用環境向上に関する連絡協議会を発足させ、ソーシャルゲーム市場の健全な発展と安心・安全に楽しめる環境のさらなる向上を目指します。

* オンラインゲーム上のキャラクター、アイテム、カード、ゲーム内仮想通貨等を現実の通貨で売買する経済行為。「Mobage」ではアイテムなどに係るRMTは利用規約違反行為として禁止しております。

以上

DeNAのアプリ