プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNA、AMoAdと共同でDeNA運営サービスに特化した 広告配信プラットフォーム「DeNA Ad Platform」を提供開始
~第一弾は「マンガボックス」「iemo」月間延べ利用者数600万人以上に向けた 運用型ネイティブ広告~

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋、以下サイバーエージェント)との合弁会社である株式会社AMoAd(アモアド、本社:東京都渋谷区、代表取締役:内藤 貴仁、以下AMoAd)およびサイバーエージェントのアドテクスタジオと共同開発した広告配信プラットフォーム「DeNA Ad Platform(ディー・エヌ・エー アド プラットフォーム)」の提供を、2015年2月中旬予定で開始します。

 「DeNA Ad Platform」は、これまでAMoAdが培ってきた、クリエイティブ最適化配信や広告効果に応じた自動入札などのアドテクノロジーと、DeNAが運営する大規模なバーティカルメディア(※1)を活用した広告配信プラットフォームです。各メディアに応じた最適な広告を配信することで、広告効果の最大化を図ります。

 「DeNA Ad Platform」の第一弾として、DeNAグループが運営する週刊マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」および住まいやインテリアに特化したキュレーションプラットフォーム「iemo(イエモ)」において、ネイティブ広告(※2)の配信を2015年2月中旬より提供開始する予定です。広告主企業は「マンガボックス」「iemo」が抱える月間延べ利用者数600 万人以上(※3)を対象に、伝えたい情報・メッセージをコンテンツ性の高い広告として掲載することができます。また、掲載面や入札価格において詳細な配信設定をすることが可能なため、より効率の良い広告配信を実現します。

 DeNAとAMoAdでは、今後も「DeNA Ad Platform」で高度なアドテクノロジーを活用し、DeNAが運営するメディア向けに広告効果の高い商品の開発を進めていく予定です。

■配信イメージ

メディア毎にオリジナルフォーマット、クリエイティブを設計し、高い広告効果を実現します。

20150204_img_01.jpg

■「マンガボックス」について

https://www.mangabox.me/
 累計ダウンロード数700万以上、週間アクティブユーザー数約150万人(※3)の週刊マンガ雑誌アプリ。人気漫画家によるオリジナル作品やスピンオフ作品など約60の連載マンガが週単位で更新され、掲載作品の過去12号分と冒頭約100ページが常時無料で閲覧可能です。

■「iemo」について

http://iemo.jp/
 DeNAの子会社であるiemo株式会社が運営する、インテリアやリフォーム、収納など住まいと暮らしの情報に特化したキュレーション・プラットフォーム。20~30代女性を中心に、リフォームしたい、家を建てたい・家を買いたい・家具を買い換えたいなどのニーズを持つユーザーが利用しており、9割以上がスマートフォンからのアクセスとなっています。

※1 特定の分野に特化したメディアを指します。
※2 ネイティブ広告とは、掲載するメディアの特性に合わせ、コンテンツ性の高い広告を配信する広告手法です。「DeNA Ad Platform」におけるネイティブ広告は、米国のオンライン広告業界団体IAB(Interactive Advertising Bureau)が2013年12月に発表したIABネイティブアド・プレイブック(http://www.iab.net/media/file/IABNativeAdvertisingPlaybook.pdf)のガイドラインに沿って、閲覧者に対して広告であることを明示します。
※3 いずれも2015年1月末時点。

DeNAのアプリ