プレスリリース | PRESS RELEASE

オリジナルマンガを投稿できる「マンガボックス インディーズ」でマンガ作者へ広告収益の還元を開始

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)は、週刊マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」内にて展開中の、誰でもオリジナルマンガを投稿し公開することができるサービス「マンガボックス インディーズ」において、マンガの作者へ広告収益の還元が可能となる新システムを2015年3月17日(火)に導入しました。

20150318_img01.jpg

 「マンガボックス インディーズ」は、累計700万ダウンロード超の「マンガボックス」を発表の場とし、新しい才能の発掘を目指して運営しています。お気に入り作品としての登録やコメント書き込みといった既存の機能に加え、より読者がマンガ作者を応援できる仕組みを検討し、この度、新システムを追加し「マンガボックス インディーズ クリエイターサイト」(作者用PCサイト https://creator.mangabox.me/)をアップデートする運びとなりました。

 新しい「マンガボックス インディーズ クリエイターサイト」では、作者は自身の作品へ「先読み」機能※の付加設定をすることが可能となります。作者は、読者がこの「先読み」を利用すると、それによって発生した成果報酬型広告の収益の50パーセントを得ることができます。「マンガボックス インディーズ クリエイターサイト」において「先読み」のオンオフはもちろん、1日から14日までの「先読み」期間の調整や収益の管理を行うことが可能です。

 新システム導入のアップデート版アプリは、本日Android版が配信開始となります。iPhone、iPad版は近日を予定しております。PC版は「先読み」非対応となりますので、PC版では「先読み」期間経過後に作品が公開されます。

※「特定アプリのインストール」や「特定Webサービスの会員登録」などの条件をクリアすると、公開日が後日に設定されているマンガの続きを一足早く読むことができる機能です。「各種SNSによるシェア」を条件とすることはできません。

「マンガボックス」、「マンガボックス インディーズ」について

 累計700万ダウンロード突破の週刊マンガ雑誌アプリ「マンガボックス」は、読者人気作品の「恋と嘘」や「穴殺人」といったオリジナル作品や、「金田一少年の事件簿」の原作者が手がけ同作の登場人物が活躍する「明智警部の事件簿」、「進撃の巨人」のスピンオフ作品「寸劇の巨人」など約60の連載マンガを無料で読むことが可能なスマートフォン向けアプリです。週単位で更新され、掲載作品の過去12号分と冒頭約100ページが常時無料で閲覧可能です。また、連載作品は2014年5月の初書籍化を皮切りに、随時単行本と電子書籍で発売中です。  「マンガボックス インディーズ」は、「マンガボックス」アプリ内とPCサイト(https://www-indies.mangabox.me/)にて展開中で、誰でも自身のマンガを投稿し公開することができるサービスです。「マンガボックス」を発表の場として位置づけ、新しい才能の発掘を目指します。  現在896名の作家が登録し、計1,596作品が投稿されています。(2015年3月13日時点)

iPhone、iPod、iPod touch、iPadは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
Google、Android、Google Play(旧 Android マーケット)は、Google Inc.の商標または登録商標です。

DeNAのアプリ