プレスリリース | PRESS RELEASE

DeNAライフサイエンスが森永乳業と共同で 「腸内フローラ」をテーマとしたヘルスケアの実証事業を開始

神奈川県「平成28年度 未病産業の創出に係るモデル事業」に採択

  株式会社DeNAライフサイエンス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大井 潤、以下DeNAライフサイエンス)は、森永乳業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮原 道夫、以下森永乳業)と共同で「腸内フローラ(※1)」をテーマとした「未病(※2)」を可視化するサービスの開発を目的とした実証事業を2016年9月から開始します。当実証事業は、神奈川県が推進する「平成28年度 未病産業の創出に係るモデル事業」の委託事業として実施します。

  実証事業では、「推定腸内年齢」(後述)を判別する新たな「腸内フローラ解析サービス」の開発に向けて、推定腸内年齢の解析手法の検証と同サービスによる意識・行動変容の促進に関する調査を行います。実証事業における検証・調査は、DeNAライフサイエンスの遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」ユーザの中から研究に同意いただいた方の協力を得て行うユーザ参加型の研究プロジェクト「MYCODE Research(マイコード リサーチ)」の一環として、1,000名以上のユーザが協力予定です。

20160901_img01.png

  森永乳業が0歳から104歳までの健常者を対象に行った研究から、加齢に伴う「腸内フローラ」の変化が明らかにされています。たとえば乳幼児に多く見られる「乳幼児型」や、高齢者に多く見られる「高齢者型」など大きく4~5のタイプに分かれることがわかりました。当実証事業ではこれらのタイプを「推定腸内年齢」と定義しています。中には実年齢が若いにも関わらず、推定腸内年齢が「高齢者型」に分類される方もおり、それは実年齢よりも腸内フローラが老化していることを示している可能性があります。

  近年では腸内フローラが肥満や腸疾患、大腸がんといった様々な病気や老化に関連することが判ってきており、腸内フローラ解析による健康や未病状態の可視化が注目されています。
  実証事業によって推定腸内年齢を判別する新たな「未病」サービスの開発が実現することで、将来的には血液検査などよりも手軽に自分の健康状態が把握できるツールとなる可能性があり、さらには意識や行動変容を促すことで健康長寿社会の実現への貢献も期待できます。
  なお、今後は腸内フローラと遺伝情報の関連についても研究を実施する予定です。

(※1)人間の腸内には多種多様な細菌が多数共存しており、特に大腸ではそれらが非常に密集して生育しています。顕微鏡で覗いた際にはこの状態がまるで「花畑(フローラ)」のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内細菌はビフィズス菌などお腹の調子を整える「善玉菌」、病原性大腸菌など腸内で有害物質をつくる「悪玉菌」、周囲の環境によって体に良い働きをしたり悪い働きをしたりする「日和見菌」からなり、そのバランス(腸内フローラ)によって「腸内環境」に変化が生まれます。

(※2)「未病」とは、健康と病気を明確に分けて捉えるのではなく、心身は健康と病気の間を連続的に変化するものと捉える概念です。「病気でなければ健康」ではなく、病気に徐々に近づく状態を把握し、改善することを推奨するための考え方です。

■参考URL
神奈川県公式ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p1065429.html

「MYCODE(マイコード)」公式ホームページ
https://mycode.jp/

森永乳業の先行研究(2016年5月発表)
「日本人における加齢に伴う腸内細菌叢の変化を確認」
https://www.morinagamilk.co.jp/download/index/17758/160526.pdf

DeNAのアプリ