プレスリリース | PRESS RELEASE

IDOM「ガリバー」、DeNA「Anyca」、akippa シェアリングエコノミーの普及に向けた事業連携を開始

  個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」を提供している株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)は、中古車買取販売の「ガリバー」を運営する株式会社IDOM(以下、IDOM)、駐車場シェアサービス「akippa」を運営するakippa株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:金谷 元気)の3社で、シェアリングエコノミーの普及に向けた事業連携を2017年11月10日(金)に開始します。

20171110_img01.png

■概要
全国に500店舗を展開する中古車買取販売のガリバーと、シェアリングエコノミー市場を牽引するAnyca・akippaが事業連携
  今回の事業連携は、ガリバーを中心としたIDOMの店舗でクルマを売買されるお客様に、Anyca・akippaを通じてクルマ、駐車場を「所有」するだけではなく「シェアリング」をするという新たな利用の提案をおこなうもので、静岡エリアより順次開始します。

  近年シェアリングエコノミーのサービスが普及し、モノ・場所・スキル等「個人間でのシェアリング」の文化が広がりつつあります。同様にクルマや駐車場も必要な時だけ利用したい、使用していない間は他の人にシェアリングしたいというニーズは顕在化しており、本連携を通じてクルマにまつわるシェアリングの普及を3社で後押しします。

■各社連携の狙い
●Anyca
  Anycaでは、駐車場に眠っているクルマをカーシェアすることで、クルマの維持費を軽減し、より気軽にクルマを所有できるサービスで、2年前から運営しています。その中で、より多くのシェアを期待してシェア人気が高い車種を購入するなど、クルマの購入・所有の仕方が少しずつ変化しています。
  今回の連携をきっかけに中古車買取販売のお客様に、個人間カーシェアがクルマの維持費軽減に繋がり、もっと気軽にクルマを所有できるようになることを知ってもらいたいと考えています。

●IDOM
  クルマを所有するだけではなく空いた時間に「Anyca」でシェアリングすることで、クルマの維持費を軽減することが可能になります。また「akippa」を活用し空いている駐車場を休眠資産にすることなく活用ができます。この2つのサービスをクルマの売買のタイミングでガリバーが紹介し、お客様に活用いただくことで、クルマにまつわるコストを減らすことが期待でき、購入の活性化を見込んでいます。
  またガリバーを通して2つのサービスに登録した際に、ポイントクーポン※の付与や受取金※の増額といった特典を用意しています。
※受取金:オーナーとしてクルマ/駐車場をシェアした際に受け取る料金
※ポイントクーポン:Anycaドライバーとして1ポイント1円分として使用できる割引券

20171110_img02.png
※1 登録後、1ヶ月間Anycaのプラットフォーム手数料である受取金の10%相当額が無料になることによるものです。その後、通常の90%になります。
※2 利用期限は、登録から90日となります。
※3 登録後、3ヶ月間。その後、通常の50%になります。

●akippa
  akippaでは、空いている駐車スペースを誰でも簡単に貸し出すことが可能で、貸し出した駐車場が利用されると、収入を得ることができます。
  ネット上で貸し出しをおこなうため、コインパーキングのような精算機器を設置する必要がなく、akippaへの掲載・登録も無料となっており、現在駐車場のシェアリング業界でトップクラスの数を提供しています。
  今回の事業連携により、ガリバーにてクルマを売却した際に空いてしまった駐車スペースを有効活用ができるため、駐車場自体が利益を生み出し、駐車場利用者は今まで止めることができなかった場所に車を止められるようになります。

■Anycaの今後の展望について
  Anycaは、クルマの購入/所有/利用などの様々なカーライフにおいて、人とクルマの関係をカーシェアを通じてもっと気軽で楽しいものにしたいと考えています。
  今回の連携は、中古車買取販売のリアルな店鋪にて、「カーシェアを前提としたクルマの所有」という新たなクルマの買い方を知ってもらう最初の取り組みになります。
  今後もクルマ購入の際に、シェアを前提にクルマを所有するという考え方を広め、乗りたいクルマを購入できる機会を、カーシェアを通じて作っていきます。

DeNAのアプリ