JOB

デザイナー

DESIGNER

デザイナーとしての現場感覚に
こだわりながらUI/UX設計、
GUIデザインのチームをリード

デザイナー/戸谷 大輔

デザイナー/戸谷 大輔

子供の頃からの夢を叶えた。UIデザイナーのキャリア

専門学校卒業後、コンシューマー主体のゲーム開発会社に入社、最初はドットデザイナーとしてゲーム業界に入りました。それからは、OPムービーやイベントシーンの絵コンテを書いたり、ボスのAI設計を考えたり、キャラクターやモンスターのデザイン、背景デザイン、UIデザイン等、ドット以外にも幅広く経験しました。都度新しい事を覚えるのは大変でしたが、子供の頃からの夢が叶い、ゲームを制作している実感を毎日感じられて楽しかったです。その中でも、特に奥が深いと感じたUI設計にスペシャリティを持ちたいと考えるようになり、今に至ります。
実は一度、広告業界でDTPデザインという職種も経験したのですが、どうしてもゲーム制作の現場に復帰したくなり・・・。その際、プレイヤーの方の意見にリアルタイムで応えられるモバイルゲーム制作に携わりたいと希望しました。そして、HPを拝見した際、掲げられている“DeNA Quality” 5項目(http://dena.com/jp/company/policy/)が、今までのキャリアにおいて自分自身が大切にしてきた内容とほぼ同じでしたので、DeNAに入社したいと思いました。ひねくれ者の自分にしては珍しく素直に方針を受け入れられたなと驚きでしたね。

デザイナー/戸谷 大輔

プレイヤーに届くUI設計の難しさに、奮闘の日々

実は過去の経験の中で、自分の中でいちばん手こずったというか、壁にぶつかったと感じたのがUI設計だったんです。毎日頭を抱えていましたが、担当したゲームのリリース後にプレイヤーから「痒いところに手が届いている」「歴代シリーズの中でいちばん使いやすかった」と評価してもらえたんです。苦労が大きかった分、達成感も大きくて、それがUIを極めていきたいと思ったきっかけでした。細かいポイントとしては、操作性はもちろん、画面の黄金比や視線誘導を大切に、文字のカーニングやピクセル単位でレイアウトにこだわります。
また、DeNAに入社してからは『FINAL FANTASY Record Keeper(FFRK)』の新機能開発チームでUI/UX設計、GUIデザインを担当しています。
既存の機能やUIルールとの共存に四苦八苦していますが、プレイヤー目線でのUI/UX設計を心掛けています。周囲に優秀な方が多いので、知恵を貸して頂きながら、納得出来る結果に辿り着けるように奮闘しています。

ロジカルな思考もプラスして、デザイナーとしての新たな挑戦

デザイナーはどちらかといえば抽象的というか感覚的に仕事をする傾向にあると思っているのですが、DeNAでは感覚を言語化する事が求められるなと感じています。これまでの会社では見栄えが良ければGOサインが出ていたケースでも「達成目標や目的に対して、どうしてこうしたのか?」という説明を、きちんと論理立てて伝える事が必要になります。あまり経験した事が無いインプットだったので、とても勉強になっています。
また、直属の上長や更に上の立場の方との距離や壁を感じないところもDeNAならではの魅力だと思います。フラットに話せる印象で、発言に対して否定からは入らず、まず理由を汲み取ろうという姿勢で聞いて下さるので、とても相談がしやすいです。
自分としては、今後も管理職とプレイヤーのどちらか一方に偏るのではなく、バランス良く両立していきたいですね。デザイナーなので、プレイヤーとしての現場感覚にこだわりたいと思っています。

デザイナー/戸谷 大輔

自分自身の意思を大切にして行動出来る方と働きたい

そもそも自分が入社した理由が“DeNAQuality”に共感した事が第一なので、そこを大切に出来る方と一緒に働きたいです。自ら考えて行動に移せる方は働きやすい環境だと思います。逆に、受身の方には難しい環境かもしれないですね。
仕事のインプット等においても「そう言われたから、言われた通りに」ではなく「言われたことに対して自分で考え、その上を目指す」を自然に行動に移せる方、ネガティブな言い訳をしない方。どんなインプットに対して、どんな結論を出したとしても最後の意思決定は自分がしたことであり、そこに責任を持つという心構え。その上で失敗をしてしまった場合には、最大限のフォローをしたいと思っています。
DeNAは、そういう方が集まっている会社だと思うので、自分自身がそうであるように常に気をつけている事でもあります。

休日はスノーボードとゲームでリフレッシュ

冬の休日はほぼ全て(シーズン中20回前後)スノーボードに行くので、良い気晴らしになっています。夏は、オフトレとして去年からマウンテンボードを始めてみましたが、基本的に冬以外は家に引き篭っていますね(笑)引き篭り中は、最近はUnityを勉強したり、昔からイラスト描いたり、結局ゲーム制作に繋がる事をやっている気がします。もちろんゲームもたくさんやります。
勤務時間内のリフレッシュ方法は、昼の休憩時間の10分睡眠ですね、少しの間目を閉じて休むだけで、午後の業務効率が全然違うので、自分的には結構大切なんです。
あとは、サクラカフェの『のっけパン』(渋谷オフィス内の社員用カフェスペースで販売)も、朝食代わりや、小腹が減った時など、毎日本当にお世話になっています。あの価格であのボリュームと満足感、コストパフォーマンスが素晴らしいのでオススメです。

デザイナー職種紹介へ

職種紹介へ戻る