JOB

プランナー

PLANNER

手書きに想いを乗せて
アイデアをゲームにする

プランナー/山内 麻理乃

プランナー/山内 麻理乃

“人”との巡り会いがDeNAに導いてくれた

元々親や友人の影響もあり小さい頃からゲームで遊ぶのが好きでした。学生時代はゲームから遠ざかっていたものの、社会人になってまた遊ぶようになり、最初の転職の時にゲーム会社を受けました。その時の面接官が、大好きなゲームを作った人だったことから意気投合して、その会社に入社することに。その後、モバイルゲームを開発する会社で働きたいと思いDeNAに転職しました。
面接では、働き方や会社の説明より、ゲームについて具体的に話ができたのが印象的でしたね。面接というよりゲームについて熱く語って企画を詰めるブレストをした感じでした。ゲーム作りに真摯に向き合っていることと、そういった話が阿吽の呼吸でできる人がいるところを魅力に感じて入社を決めました。

プランナー/山内 麻理乃

周りとの連携を意識したゲーム作り

入社してからは、IPタイトルのゲーム運営を担当しました。ゲームに登場するキャラを作るチームで、主に敵キャラの動きや遊びを設計していました。企画を元にモーションやエフェクトを発注し、Unityで設定を行い、マスターデータを作り、確認と調整を繰り返します。また大きなアップデートでは、システムの追加や変更、画面遷移も含めたUIの変更にあたり、提案や設計もさせていただきました。
その後、社内のゲーム企画コンペに提出した企画が通り、直近では自分のアイデアを元に、ゲームを作る新規事業に従事しています。
考えたことを周りに伝え共通認識を持ってもらうのが私の仕事なので、企画書をはじめ資料作りはこだわりをもってやっています。

受け入れてくれるから、話しやすい職場環境

DeNAに入ってとても感銘を受けたのが、新しいことに抵抗を示す人が少ないことですね。よりよいモノを作るという認識の中であれば、前例のないことでもまず聞く耳を持ってくれる環境に助けられています。最初に関わったサービスでは、今までにないやり方でアップデート内容を提案したのですが、そういった新しいことを面白がってくれたのがすごく嬉しかったですね。
また、上長との対話が多いことも嬉しいポイントです。課題を感じているときにも、マネージャーが話を聞こうとしてくれます。話すと頭の中が整理されますし、解決策を見つけられます。
社内でもよく言われている「発言責任」(DeNAでは社内での共通姿勢や認識として「役割にかかわらず、しっかりと自分の考えを示す。傾聴責任とセットで。」があります)と言う理念が、社員にきちんと行き渡っていると感じています。それを実践している環境なので、ボトムアップでもなくトップダウンでもない、双方に話をきちんとして意思決定していくプロセスが生まれるのだなと感じますね。
また普段から、頭に浮かんだことをノートに書き出して、整理する癖もつけています。手書きのノートは一つのこだわり。手書きのほうが想いが伝わると前職の先輩に言われていたので、特に企画書は手書きとパソコンを併用して作ることが多いです。

プランナー/山内 麻理乃

プレイヤーを意識したモノ作り

モノ作りをする上で、一番大事にしているのはプレイヤーにいかに面白いと思ってもらうか。遊んだときにどう感じてくれるかを念頭においてゲームを作っています。その意識をブラさずにゲームに向き合っていいモノを作っていきたいです。
先輩からアドバイスをいただいて、企画書を作る時に遊んで欲しいターゲットユーザーのイメージ写真を資料に入れるようにしています。写真を使うことで、よりチームメンバーに共通認識を持ってもらえたらいいなと思っています。

ゲーム作りに費やす休日。最近の気分転換は......

週末でも企画してプログラミングして、ゲームを作っています。ゲームをプレイする時も遊ぶゲームと研究するゲームに分けて考えていて、ずっとゲームのことを考えていますね。最近では、違ったこともしてみようと思いジムに行くようになりました。
平日の気分転換は、もっぱら外ランチです。社内報でオフィス付近のお店を紹介してくれているので色々なお店に足を運んでいます。最近では、インドカレー屋さんがお気に入りで通っています。気に入るとずっと同じものを選んじゃうんですよね。
あと私には野望があるんです。それは、ゲーム好きで有名な某DJさんのラジオに、自分の作ったゲームが取り上げられること。面白いゲームを作ってムーブメントを起こし、それがラジオで紹介されるよう頑張っていきたいと思っています。

プランナー職種紹介へ

職種紹介へ戻る