スポーツ

横浜DeNAベイスターズ新入団選手が本社オフィスを訪問

2017年02月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

去る1月23日(月)に、横浜DeNAベイスターズの 2016年度新入団選手9名が、DeNA本社オフィスを訪問しました。球団のオーナーでもある南場智子会長からの講義や、SHOWROOMの特別番組の収録風景など、当日の模様を一部お見せします。
(トップの写真は、左から佐野選手、尾仲選手、進藤選手、京山選手、笠井選手、細川選手、狩野選手、松尾選手、濵口選手。水野選手は試験のため欠席でした)

南場会長と名刺交換&講義受講

ビジネスシーンと同じく、まずは名刺交換。
慣れない手つきで名刺交換をする姿が初々しいですね。順番を待つ選手たちも緊張の面持ち。
この日が人生で初めての名刺交換、という選手もいたそうです。

続いては、DeNAの歴史や事業説明など、南場会長による講義を受けます。

南場会長の話を真剣に聞き入る選手たち。
南場会長からは「(プロ野球選手になることは)消えない記録の始まり」「姿勢を見せる」「ファンへの感謝」という今後プロ選手として生きていく上で大切にしてもらいたい3つの言葉が贈られました。

講義終了後は、選手が自分の名刺を持って南場会長と記念撮影。
この時、尾仲選手の名刺入れが行方不明になり、必死にポケットを探るシーンも(無事に見つかりました)。

社員からメッセージボードをプレゼント

続いては、社内の熱いファンから寄せられたメッセージボードをプレゼント。

全員で囲んで、メッセージボードを読み込む選手たち。

守安社長、南場会長をはじめ、沢山の社員から激励メッセージが寄せられました。

SHOWROOMの特別番組に出演

続いては、少し堅い雰囲気からがらりと変わって、SHOWROOMの特別番組の収録に臨む選手たち。緊張の中にも、どこかリラックスした雰囲気。(司会はTHE HOOPERSの麻琴さん)

この日、午前中の練習を終えてから本社を訪問してくださった選手たち。初々しい姿がとても印象的でした。 まもなく開幕する2017年度シーズンでの活躍に、社員一同期待しています!