プライバシーポリシー

1. 個人情報の収集について

個人情報とは、個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)を指します。
当社(株式会社ディー・エヌ・エー 所在地:〒150-6140 東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア)は、個人情報を収集することがあります。当社は、個人情報の利用目的を公表します。

2. 個人情報の利用目的について

当社は、収集した個人情報を以下の目的で利用することができるものとします。

  • オークション、ショッピングモール、コンテンツその他の情報提供サービス、システム利用サービスの提供のため
  • 当社及び第三者の商品等(旅行、保険その他の金融商品を含む。以下同じ。)の販売、販売の勧誘、発送、サービス提供のため
  • 当社及び第三者の商品等の広告または宣伝(ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含む。)のため
  • 料金請求、課金計算のため
  • 本人確認、認証サービスのため
  • アフターサービス、問い合わせ、苦情対応のため
  • アンケートの実施のため
  • 懸賞、キャンペーンの実施のため
  • アフィリエイト、ポイントサービスの提供のため
  • マーケティングデータの調査、統計、分析のため
  • 決済サービス、物流サービスの提供のため
  • 新サービス、新機能の開発のため
  • システムの維持、不具合対応のため
  • オークションサービスにおける会員記述情報の掲載のため
  • その他当社の各サービスにおいて個別に定める目的のため

3. 個人情報の提供について

当社は、以下に定める場合には、個人情報を第三者に提供することができるものとします。

  • オークションサービスにおいて、出品者、落札者双方に落札者の決定したこと、落札価格、相手方の電子メールアドレスを電子メールで連絡し、また、出品者及び落札者が相手方の入力した氏名または法人名、住所、電話番号並びに代表者名および担当者名(法人の場合)を閲覧できるようにする場合
  • 本人の同意がある場合
  • 裁判所、検察庁、警察、税務署、弁護士会またはこれらに準じた権限を持つ機関から、個人情報の開示を求められた場合
  • 保険金請求のために保険会社に開示する場合
  • オークション会員の方が当社所定の取引支援用ツールを利用した場合で、出品者または落札者に開示する場合
  • 当社または出品者に対し支払うべき料金その他の金員の決済を行うために、金融機関、クレジットカード会社、回収代行業者その他の決済またはその代行を行う事業者に開示する場合
  • 当社が行う業務の全部または一部を第三者に委託する場合
  • 当社に対して秘密保持義務を負う者に対して開示する場合
  • 当社の権利行使に必要な場合
  • 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示する場合
  • 個人情報保護法その他の法令により認められた場合
  • その他当社の各サービスにおいて個別に定める場合

4. リンク先等の個人情報の取扱いについて

当社運営サイト上やメールマガジンにおいて、外部のサイトへのリンクが貼られることがあります。この外部のサイトで登録される個人情報は、当社で管轄する情報ではない為、一切の責任を負うことができません。 外部サイトで個人情報を登録される場合は、そのサイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

5. 個人情報を保護するための体制について

当社では、個人情報管理委員会が個人情報の取扱いに関する方針を決定し、運用状況を確認しています。更に、個人情報を管理する責任部門に個人情報管理統括責任者を配置し、その者が個人情報の適切な管理を指導しています。また、従業員入社時に、個人情報保護に関する研修を行っています。

6. プライバシーポリシーの更新について

当社は、プライバシーポリシーを変更する場合があります。
プライバシーポリシーに重要な変更がある場合には、サイト上で告知します。
本ページを都度ご確認の上、当社のプライバシーポリシーをご理解いただくようお願いします。

お客様へのお願い

当社運営サイトでは、お客様の登録情報をID・パスワードで保護している場合があります。ID・パスワードの管理は、お客様ご自身が責任を持って行ってください。
当社運営サイトを安全にご利用いただけるよう、当社運営サイト上に、他の方やお客様ご自身の個人情報は掲載されないようお願いいたします。
株式会社ディー・エヌ・エーでは、交通事故削減に貢献する取り組みを以下の通り開始します。 これに伴い、交通事故発生リスクの抽出のため、自動車に設置したドライブレコーダーで撮影した映像データを活用します。 当該映像データの取得・利用は、映像の解析により、道路概況、周辺交通との対物距離などを把握するためのものであり、通行している市民の皆様を特定するものではありません。
また、撮影されたデータは、通行している市民の皆様の個人の特定につながらないように処理します。


データ取得期間2017年8月25日~2020年3月31日

データ取得エリア東京都内、神奈川県内、栃木県内、埼玉県内、千葉県内

データ取得用カメラ台数400台

データ保存期間2017年8月25日~2020年4月30日

弊社では、事故などのトラブル対応を除き撮影したデータを削除しております。

また、弊社では、上記の実証実験および実用評価等のための取り組みを前提として、当該取り組みに引き続き、商用車向け交通事故削減支援サービスである「DRIVE CHART」(詳細については https://drive-chart.com/ をご参照ください)(以下、「本サービス」といいます。)を提供します。 これに伴い、本サービスの提供のため、弊社との契約により本サービスを利用する事業者(以下、「会員会社」といいます。)のトラック・タクシー等の自動車に設置したドライブレコーダーで撮影した車内外の映像データ(映像と同時に記録された録音データを含み、以下、「本映像」といいます。)を活用します。本映像の取得・利用は、本映像の解析により交通事故発生リスクを抽出するために、自動車の運転者の状態、道路概況、周辺交通との対物距離などを把握するためのものであり、会員会社が運行するタクシー等の自動車の乗客の皆様および通行している市民の皆様(以下、「通行者等」といいます。)の撮影および特定を意図するものではありません。弊社は、本映像に附随的かつ不可分な情報として意図せず取得した通行者等の顔、音声および挙動等の情報が含まれる場合、法令の定めに基づく場合を除き、以下に示す本映像の利用目的以外の目的のために利用しません。
本サービスにおける本映像の撮影の詳細は以下の通りです。

本映像の取得期間:2019年6月22日から本サービスの提供終了まで

本映像の保存期間:原則として、取得後2年間。ただし、下記の場合は2年間を超えて保存される可能性がございます。

  1. 会員会社が本サービスのクリップ機能を利用し本映像を保存した場合:
    本映像の保存期間は、会員会社が本映像のクリップ機能を解除するまで、または本サービス利用の終了の何れか早い時点まで。なお、クリップ機能は会員会社が本サービスの利用期間中、任意の時に本映像を参照することができる機能であり、本映像を会員会社がダウンロードするものではありません。クリップ機能利用後も本映像は当社が必要なセキュリティ対策を講じた上で適切に保管します。
  2. 「本映像の第三者提供について」の定めに従い第三者に提供した場合:
    弊社と当該第三者との間の契約により定める本映像の利用期間終了まで。
  3. 本サービスに関する調査、検討および分析、または本サービス以外の弊社の事業、技術、製品またはサービスの企画検討および研究開発等のために本映像を利用する場合:
    弊社が上記利用目的を達成するなどして本映像の利用の必要がなくなるまで。

本映像の撮影場所:日本国内全域において会員会社が運行する商用車(トラック、タクシー等)に設置された本サービス用ドライブレコーダーにより撮影

本映像の撮影範囲:本サービス用ドライブレコーダーは外向きカメラにより車外前方の映像を、運転者に向けて設置される内向きカメラにより運転者を中心とした車内の映像を撮影します。また映像の取得と同時に付属のマイクにより車内および車外の音声を取得します。カメラの画角の詳細は以下のとおりです。

  • カメラの画角 水平:約132度×垂直:約70度

本映像により取得される通行者等の情報の項目:

取得手段 取得する情報の項目
ドライブレコーダーおよび車載外向きカメラ 本サービス対象車両前方の映像に意図せず混入することがある公道上の通行者等の顔、音声および挙動等の情報、ならびに第三者が運転する前方車両の自動車登録番号および走行の挙動等の情報
ドライブレコーダーおよび車載内向きカメラ 本サービス対象車両助手席の同乗者および後部座席の同乗者の顔、音声および挙動等の情報

本映像の利用目的:

  • 本サービス提供、改善その他の変更
  • 本サービスの運用、保守その他のアフターサービス
  • 本サービスに関する調査、検討および分析
  • 本サービス以外の弊社の事業、技術、製品またはサービスの企画検討および研究開発等
  • 統計処理等または匿名加工等により個人情報に該当しない情報の提供サービス
  • 交通情報、道路、地形、構造物または環境情報等(個人情報保護法上の個人データに該当しない通行者等の顔等の情報を附随的に含むことがあります)の提供サービス

本映像の利用によって生じる通行者等へのメリット:

利用目的・用途 想定されるメリット
会員会社の交通事故発生リスクの抽出、および会員会社が利用する自動車の交通事故削減支援 会員会社が運行するタクシー等の自動車の乗客の皆様および通行している市民の皆様が交通事故に遭遇する機会の低減
交通情報、道路、地形、構造物または環境情報等の提供サービスの実施

本映像を利用した交通情報、道路、地形、構造物または環境情報等の既存サービスの改良や新規サービスの開発・提供による市民の皆様の利便性の向上。

本サービスは、本映像等を含む交通環境ビッグデータを活用して、自治体や警察などの各ステークホルダーと連携し、道路の保全・道路管理・防犯・防災など、社会全体の交通環境改善を目指します。商用サービスに閉じずに、データから得られる公共性の高い情報を社会全体へ還元し、インターネット企業ならではの安全・快適な街づくりを行います。また、自動運転車両等が使用する道路情報や交通環境情報、乗降地などの選定にもデータを活用していきます。なお、本取り組みは、神奈川県の道路管理分野や横浜市の「I・TOP横浜」と連携することを目指します。

参考情報へのリンク:
https://dena.com/jp/press/004478

本映像の第三者提供について:
外向きカメラによって撮影された本映像のうち個人データが含まれないものに限り、上記の交通情報、道路、地形、構造物または環境情報等の提供サービスのために、弊社と特定の契約に基づく提携または取引関係にある第三者に提供されます。この場合、弊社の責任において当該第三者に対して、本映像の利用期間の制限、ここに示す目的以外の利用の禁止などの通行者等の個人情報保護のために法令上必要な措置を講じるものとします。

本サービスにおける本映像の撮影、利用、保存、提供の流れ:

201907プライバシーポリシーの差込図.jpg

本件に関するお問合せ先https://dena.com/jp/contact/