コーポレート

テックカンファレンス「BIT VALLEY 2018」渋谷区のIT企業10社が一丸となり、首都圏以外に在住するエンジニア志望の学生100人の参加支援へ

2018年08月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(代表取締役社長兼CEO:守安 功)、株式会社サイバーエージェント(代表取締役社長:藤田晋)、GMOインターネット株式会社(代表取締役会長兼社長・グループ代表:熊谷正寿)、株式会社ミクシィ(代表取締役社長執行役員:木村 こうき)が本年9月10日(月)に共催するテックカンファレンス「BIT VALLEY 2018」は、首都圏以外に在住するエンジニアを目指す学生100人の参加支援を決定いたしました。
  

 本カンファレンスは参加者募集を開始して以降、大きな反響をいただく一方で、首都圏以外の遠隔地に住む学生からは“交通費を理由に参加を諦めた”という声も多く寄せられました。このような背景から、「学生支援パートナー」として株式会社サポーターズ(代表取締役:楓博光)の協力を得るとともに、渋谷に拠点を構えるIT企業9社からの協賛のもと、首都圏以外の遠隔地から参加する、エンジニアを目指す学生100人に交通費支援を行うこととしました。
「BIT VALLEY 2018」は、“渋谷でエンジニアとして働くことは楽しい” をテーマに、最新技術や各社のAI分野における取組みの紹介、各分野のトップエンジニアによるトークセッションなどを予定しています。最新の技術・多様な働きかたを知ることで、エンジニアを目指す学生・IT業界に携わる若手エンジニアにとって、これからのキャリアイメージを描くきっかけ作りになるとともに、今後のIT産業の更なる発展に繋がることを期待しています。
なお、「BIT VALLEY 2018」の特別講演として、成田一生氏(クックパッド株式会社 執行役 CTO)、浜本階生氏(スマートニュース株式会社代表取締役社長 共同CEO)、広木大地氏(株式会社レクター 取締役)による「テクノロジーで世の中を変える最強チームの作り方」のトークセッションの実施が決定いたしました。その他にも佐藤一憲氏(グーグル合同会社)による「TensorFlowとCloudMLで広がる、現場で使える機械学習」、今村雅幸氏(株式会社スタートトゥデイテクノロジーズ)による「ファッションの世界を技術で変える、ZOZOの最新の開発事例の紹介」などのセッションも予定しております。
地方を含め日本各地から、エンジニアを目指す多くの学生の皆さまの応募をお待ちしております。
学生支援制度について
  • 対象
    首都圏以外に在住するエンジニアを目指す学生
  • 内容
    通学されている学校のエリアに沿って、以下の交通費を支給します。
    北海道エリア:5万円
    東北エリア:2万円
    中部エリア:2万円
    近畿エリア:3万円
    中国エリア:3万円
    四国エリア:3万円
    九州エリア:4万円
    関東エリア:3000円(但し、渋谷までの交通費が往復3000円以上の方のみ)
  • 応募方法
    専用ページより応募ください。
    (申込多数の場合は、抽選とさせていただきます)
  • スケジュール
    8月31日(金)13:00締切
  • 学生支援パートナー
    株式会社サポーターズ
  • 学生支援スポンサー
    iYell株式会社
    株式会社ウィルゲート
    スマートニュース株式会社
    株式会社デジタルガレージ
    株式会社VOYAGE GROUP
    株式会社LiB
    レバレジーズ株式会社
    ログリー株式会社
    ユナイテッド株式会社
  • その他
    当選された方には9月3日(月)23:59までにご連絡差し上げます
    詳細は応募ページをご覧ください
  • 応募ページ
BIT VALLEY 2018 については下記プレスリリースをご覧ください
https://dena.com/jp/press/003659