ソーシャルライブ

躍進する「ソーシャルLIVE」。Pococha担当に聞く、ミレニアル世代の“自己表現”の今

2019年03月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生の「将来なりたい職業」ランキング※では、2017年度に初めて「ユーチューバー」がトップ10入りしました。だれでも自分をコンテンツ化できるようになる中で、中国ではライブ配信アプリなどが相次いで登場、日本でも若年層を中心に爆発的な人気を呼び、企業の参入も相次ぐなど話題なのがソーシャルLIVE市場です。PCやスマホ1台あれば誰でも簡単な登録だけで始められる手軽さに加え、YouTubeなどの動画共有サービスにはない一定のクローズドなコミュニティの中で配信者と視聴者が密に交流できるのが魅力です。
※参照:日本ファイナンシャル・プランナーズ協会

「SHOWROOM」と「Pococha」の違い

DeNAでもソーシャルLIVE事業として、2013年より仮想ライブ空間「SHOWROOM(ショールーム)」、2017年1月よりソーシャルライブコミュニティ「Pococha(ポコチャ)」を提供しています。どちらも配信者と視聴者をつなぐコミュニケーションの場を提供していますが、その役割や目的は異なります。

SHOWROOM

SHOWROOMは夢を叶えたいパフォーマー(配信者)とそれを応援したい視聴者をつなぐライブ動画ストリーミングプラットフォームです。仮想ライブ空間の中で、誰でもライブ配信&視聴ができ、ギフトやコメントでパフォーマーを応援できます。配信画面がライブステージのようになっていて、視聴者のアバターが表示されるスペースが大きいのが特徴で、視聴者がパフォーマーを応援することで一緒に場づくりをしている感覚になれます。

AKB48グループや坂道シリーズ、吉本興業を筆頭に芸能プロダクションなどとの連携も強く、SHOWROOMをきっかけに雑誌モデルデビューしたり、アーティストの全国ツアーが決定するなど、パフォーマーの表舞台への夢を応援しています。また、ジャニーズ事務所とも協業し、ジャニーズ初のバーチャルアイドルも生配信中です。

Pococha

Pocochaはスマホで誰でも気軽にライブ配信と視聴ができるアプリです。画面のほぼ全面が配信者のライブ映像になっているため、ライバー(配信者)だけの空間を画面いっぱいに表現でき、双方向でトークやコメントのやりとりを行えるため、対面でおしゃべりしているような距離感の近いコミュニケーションが楽しめます。

配信すると、配信時間に応じたポイントや、配信中の「アイテム使用」「いいね数」「コメント数」などを総合的に評価した応援ポイントが付与され、ポイントの獲得数に応じてS+~Eまでライバーランクが設定されます。イベント中に限らずランクは日々上下するため、ライバーは配信の努力や成長をランクとして得ることができ、リスナーも応援しがいを実感できる仕組みです。 また、リスナーが送る各種アイテムの数に応じたアイテム毎のランキングもあり、ライバーそれぞれが「なりたい1番」を追いかけられるのも特徴です。

芸能事務所などに所属していないフリーのライバーが半数以上を占めるため、初めて配信にチャレンジする方でも普段使っている自撮りカメラアプリを使う感覚で簡単に“盛れ”るフィルター機能をつけたり、配信中の盛り上がりが分かる賑やかなアイテムも種類豊富に用意。また、初心者向けのイベントも充実していたりと、初めてでも楽しく配信ができる仕掛けを作っています。 また多くのライブ配信アプリでは、アイテム等の数に応じた報酬を取り入れていますが、Pocochaではそれに加え、配信した時間に応じたポイントシステムも導入。フリーのライバーでも配信を続けることでポイントが手に入りやすいのが特徴です。

ソーシャルLIVE市場はミレニアル世代の自己表現の場に

スマートフォンやSNSの普及にともない、インターネット上で自ら情報を発信することが当たり前となりました。Pocochaプロデューサーの水田はサービスの拡大とともに、ソーシャルLIVE市場がミレニアル世代にとっての「自己表現」と「その先に収益を含めた経済的・社会的な自立を支援する」場になっていくと考えています。
また、「ソーシャルLIVEはもっと面白くなる、もっと良くなるはず!という声やアイデアを多くいただいています。モバイルゲームも初期の時代と比較すると、当時想像もできないくらいにリッチで濃密な体験を提供するようになっています。ソーシャルLIVEも今後は、新しいエンタメの形としてどんどん洗練されていく」と水田。Pocochaとしては今後「リリースして2年になりますが、日を追うごとに、ソーシャルLIVE市場の形成が進んでいる手応えをはっきりと感じています。より多くのライバーを獲得するのではなく、より多くのライバーの自己表現を支援し、経済的・社会的な自立を実現できるプラットフォーム構造を構築していきたい」と意気込みを語ります。

DeNAではこれまでモバイルゲームはもちろん、マンガボックスやエブリスタ等のコンテンツプラットフォームなど、様々なエンターテインメント事業を展開してきました。これらのノウハウをソーシャルLIVE事業でも活かし、エンターテインメント業界に新たなトレンドを生み出していきます。

SHOWROOM:https://www.showroom-live.com
Pococha:https://www.pococha.com