DeNA編集部

2017.08.08

出発地はあなた次第。アプリで繋がる新感覚ランイベントが8/25、横浜で開催!

8/25の金曜日、いわゆるプレミアムフライデーに、横浜で今最先端のランイベントが行われます。その名も、Runtrip via Yokohama THE BAYS!

一般的なランイベントといえば、決められたスタート地点から集団で走り出し、走行距離も経路も指定され、決められたゴール地点を目指すもの。ところがこのRuntrip viaというランイベントには決められたスタート地点がありません。参加者自らが決めていいのです。自宅からでもいいし職場からでもいい。乗ったことのない電車に乗り、降りたことのない駅で下車し、そこから走り出してもいいのです。

コースは自由、ゴールで乾杯

20170809_img14.jpg

ルールは簡単。

·決められた時間までにゴールのパーティー会場を目指そう。
·専用アプリを使ってバーチャルに仲間と走ろう。
·お揃いのアイテムを身につけて街を彩ろう。
·Running中の景色は「#runtripvia」のハッシュタグで発信しよう。

と言われても「何のことですか?」ですよね。そこで、こちらの動画をご覧ください。

こちらは、以前表参道で行われたRuntrip viaから作られたイメージビデオです。アプリを使ってスタート地点を登録しランニング開始。走りながら気になったスポットに立ち寄って写真を撮りSNS投稿し、ファンランを楽しみます。最初はひとりだけど、ゴール地点に向かうにつれ2人3人と同士が増え、ゴール地点では大勢の仲間とビールを飲む。

何となくイメージ湧きましたでしょうか?

ゴール地点は横浜スタジアムそばのTHE BAYS

今回ご紹介するRuntrip via Yokohama THE BAYS!。察しのいい方はもうお分かりでしょうが、横浜スタジアムのある横浜公園に隣接したTHE BAYSがゴール地点になります。スタート地点、出発時間は自由。19:00〜20:30に到着するようにTHE BAYSを目指します。

現在、ランナー絶賛募集中のこのイベント、参加費は3,500円ですが、他のランイベントにはない魅力やYokohama THE BAYS!ならではの楽しみ方を、編集部がこっそりリサーチしてきました。

楽しみ方1 実は、すごい豪華なオリジナルグッスがもらえるらしい

20170809_img16.jpg

Runtrip via Yokohama THE BAYS!にエントリーすると、オリジナルアイテムとして、スペインで作られたマルチヘッドウェア「Buff」がお手元に届きます。「Buff」とは、簡単に言うと筒状の布。頭や首に巻いたり、シュシュやリストバンドにしたりなど、好みに合わせて使い方やコーディネートが工夫できるアイテムです。

このイベント、スタート地点が自由でゼッケンもないため、誰が参加者か一般ランナーなのか見分けが付けにくいです。なので、共通の「Buff」をどこか身にまとうことで、仲間が一目でわかるようにしました。「Buff」なら、Tシャツとは違い、お気に入りのウェアと合わせることもできますからね。

ちなみにデザインは、ゴール地点であるTHE BAYS周辺の夜の地図をイメージしたものになっています。

楽しみ方2 実は、やろうと思えば箱根くらいから走っても構わないらしい

20170809_img10.jpg

このイベントではRuntrip via専用アプリを使います。アプリをダウンロードし、当日起動して走り始めるのですが、こちらのアプリ、スタートは25日のAM0:00以降であればOKなんです。ということは、ゴールまで19時間超! THE BAYSに19:00〜20:30に到着すればいいのですから、どこから何キロ走ろうと自由。横浜周辺からではなく、箱根とかもっと遠くから走ることも、やる気と実力次第では可能なのです。

アプリでは、他のランナーの位置もMAPで把握できますから、「え、この人、どこから走ってるの?」みたいにビックリされるかも。とはいえ、いくら自信があっても、真夏なので給水はこまめに、体調管理は十分注意してくださいね。

あと、当然ですが、走りながらアプリを使うのは禁止です。

楽しみ方3 実は、ゴール地点でもらえるドリンクは......

20170809_img5.jpg

走ったあとのビールは最高ですよね! このイベントに参加すると、THE BAYS内のカフェ「&9」で飲めるドリンク券が一枚付いています。メニューにはいろいろありますが、特におすすめは、ベイスターズエールとベイスターズラガー。横浜スタジアムとここでしか飲めないクラフトビールです。

もちろんアルコールが苦手、という方もご心配なく。ソフトドリンクも各種ご用意しています。

ちなみにフードメニューは参加者だけの特別メニューが用意されるというウワサ。どんなメニューが提供されるのか楽しみですね。

楽しみ方4 実は、目的地のTHE BAYSは、築89年の歴史的建造物らしい

20170425_img1.jpg

THE BAYSが入っている、1928年に建てられたこのレンガ造りのレトロな建物は、旧関東財務局横浜財務事務所。横浜市の指定有形文化財です。横浜スタジアムのある横浜公園に隣接し、地下1階、地上4階の建物には、カフェやショップ、さらにはランニングステーションやフィットネススタジオ、シェアオフィスなどが入っています。

一部リノベーションされていますが、外壁や内壁のレンガなどの多くは当時のまま。ですので、壁に触れるのは厳禁だそう。破損してしまう可能性があるからです。うっかり壁に背中をつけてしまったりすると、服が汚れてしまうことも考えられますので、ご注意ください。

ちなみにTHE BAYS内に、数に限りはありますが、シャワールームがあります(700円)。お帰りの前に、さっと汗を流すのもいいかもしれません。

楽しみ方5 実は、ゴール地点で、あの"伝説のランナー"と乾杯できるらしい

20170809_img15.jpg

ゴール地点では、ランナーの皆さんの交流を目的としたパーティーが行われます。THE BAYSの中庭がその会場になりますが(雨天の場合は室内に変更)、そこになんと、あの瀬古利彦さんが登場します! 瀬古さんといえば、今回のイベントを主催する横浜DeNAランニングクラブの総監督。パーティー中にはトークセッションも行われる予定です。爽やかに走り終えた後、伝説のランナーとクラフトビールで乾杯なんて、ランナー冥利に尽きますね。

ちなみにこちらには、横浜DeNAランニングクラブのオフィシャルパートナー、プーマ ジャパンが出展されます。そこでは話題のランニングシューズ、NETFITの試し履きができるとか。ちょっとした試走も可能だそうです。最新のシューズに触れるいいチャンスです。お見逃しなく!

横浜をスポーツでもっと盛り上げよう!

余談ですが、横浜は全体でみると、実はとても起伏の多い地域です。ですが、このイベントのゴール地点のTHE BAYSのある横浜公園を中心としたエリアは、とても平坦で走りやすい地域。赤レンガ倉庫やみなとみらいまで足を伸ばせば、横浜の風光明媚な建物や風景を楽しみながら走ることができます。

DeNAではこれまで、横浜DeNAベイスターズの活躍を筆頭に横浜スタジアムでプロ野球を楽しむという"観戦型スポーツ"で街を盛り上げたいと様々な取り組みを行ってきました。そして次は横浜スタジアム、横浜公園を飛び出して、関内・関外エリア、そして横浜市全体を巻き込んでランニングやウォーキングを楽しむ"参加型スポーツ"でもこの街を盛り上げようと取り組み始めました。このイベントを機に、みなさんとともに横浜を、誰もがスポーツを楽しめる街にしていきたいと思っています。

エントリー期間は8/15、21:00まで。ちょっとでも「面白そうだな」と感じた方は、こちらをご覧ください。

Runtrip via Yokohama THE BAYS!:http://via.runtrip.jp/yokohama-the-bays
横浜DeNAランニングクラブ:https://dena.com/running/

ご応募はお早めに!

画像提供: 株式会社ラントリップ

DeNAのアプリ