DeNA編集部

2017.10.03

2000万円台の登録車も!日本各地で利用広がるAnycaの今をデータで見る

様々なシェアリングサービスが広がる中、DeNAが提供する個人間カーシェアリングサービス「Anyca(エニカ)」もサービス開始から2周年をむかえ、登録会員数ものべ9万人を突破しました。車の保有率が下がる中でカーシェアリングサービスも広がっていますが、Anycaは個人間シェアリングならではの体験ができるのが特長のひとつ。車の利用者(ドライバー)と車の所有者(オーナー)間による車のシェア時のコミュニケーションやAnyca独自のイベントを経て、新しいコミュニティの形成まで繋がっている例もあります。

どこで、誰が、どう使っているの?データで見るAnycaの今

20171003_img02.jpg

▲子育て世代でのカーシェアリングも

登録車数3500台以上、およそ600種以上もの車種が登録され、車好きからファミリー層まで幅広く利用されているAnyca。では実際にどんな車が、どんな場所で、どんな理由で利用されているのでしょうか。9月29日に公開されたインフォグラフィックからご紹介します。

首都圏を中心に観光地まで。車好きだけでなくファミリー利用も増加中

20171003_img03.png

都道府県別の登録台数では、東京都が1位に。上位には首都圏や関西圏が多くランクインしました。またサービスの広がりを経て地方都市や観光地でも普及し、旅行の際に利用する方も増えてきています。

20171003_img04.png

利用者の年齢層は、ドライバーで20代後半~30代前半。オーナーで30代~50代まで幅広く利用されています。最近ではファミリー層の利用も増え、チャイルドシート付きの車もみられるようになりました。ご近所同士や子育て世代のシェアをきっかけに、リピート利用やコミュニティ形成にも一役買っている事例も。

カーシェアが子育て世代の助け合いに?子育て世代の新しいご近所づきあい:http://news.anyca.net/article/interview/child

いつか乗ってみたい!全国各地の隠れた旧車も

20171003_img05.png

車好きなら一度は乗ってみたい旧車。Anycaに登録されている中でももっとも古い年式は1950年のMERCURYという結果に。Anycaのクルマ検索をするだけでも夢が広がります。

Anycaクルマ検索「憧れの旧車」:https://anyca.net/search/result?featured_id=5

Anycaコミュニティも好評!ユニークなイベント多数

20171003_img06.png

一般的な乗用車だけでなく、通常のレンタカーにはない高級外車や旧車も登録されていることもあり、利用者の93%が男性です。不定期で主催しているイベントでは、茂原ツインサーキットでスポーツカーやオープンカーの体験乗車や、日本に数台しか販売されていない6輪駆動車「メルセデス・ベンツ G63 AMG 6x6」のオフロード走行体験など、車好きも思わずうなるイベントが開催されていることも、男性利用が多い理由のひとつかもしれません。

【イベントレポート】満員御礼!!2月のAnyca"乗りまくり"イベント@茂原ツインサーキット!!:http://news.anyca.net/article/2017/3/16/2anyca
【イベントレポート】Anyca初!オフロード試乗!ー8/28「G63 AMG 6x6」試乗イベント@袖ヶ浦:http://news.anyca.net/article/2016/08/28/6x6-event

20171003_img07.png

Anycaではこれまで200回以上ものイベントを実施してきました。「自分の愛車を美しく撮ってもらいたい」「Anycaに登録している車の写真を新しくしたい」といったオーナーのニーズにこたえた車の撮影会では、プロカメラマンが撮影を担当。運営スタッフにサービス利用のコツなどを聞けるチャンスとしても活用されています。

【Anyca撮影会】プロのカメラマンさんがあなたの愛車を撮影いたします。:http://news.anyca.net/article/2017/6/12/anyca

購入前の試運転利用も。ドライバーとオーナーの利用理由は?

20171003_img08.png

最後にAnycaを利用するドライバー、オーナーの声をご紹介。ドライバーにとっては「便利」「安い」「日程と場所」などの利便性だけでなく、「乗りたい車種がある」など車好きだからこそ使いたくなるポイントが挙げられました。特に、ドライバーとオーナー間が直接アプリ上でコミュニケーションを取る中で受け取り場所や日程を調整することができるのは、個人間カーシェアリングの魅力のひとつ。また、利用時はドライバーに東京海上日動の1日自動車保険が付帯されるため、万が一の時も安心。サポートも24時間対応しているので、安心して利用いただけます。

ドライバーにとってもシェア料金を車の維持費にあてられるだけでなく、自分の愛車の魅力を知ってもらったり、ドライバーとの交流を楽しんだり、車のシェアだけでない良さを体験していただいています。

ドライバーとオーナー双方に新しい車利用の価値を提供するAnyca。これまでの活動や利用者の声などもっと知りたい方は、Anyca NEWSをご覧ください。

Anyca:https://anyca.net/
データで見るAnycaの今:https://anyca.net/campaign/infographic_201709
Anyca STORIES:https://anyca.net/campaign/stories

DeNAのアプリ