オートモーティブ

信号情報を携帯電話網を用いて 自動運転車両に活用した日本初の公道実験を実施

2018年04月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

  日本信号(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本英彦、以下日本信号)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、2018年4月24日(火)に神奈川県藤沢市内の公道上で、自動運転車両が信号情報を受信し走行する実験を実施しました。
  本実験は、警察庁が定める「信号制御機に接続する無線装置の開発のための実験に関する申請要領」※に基づいて2018年3月に申請を行い、携帯電話網(LTE回線網)を用いて実施した日本で初めての取り組みです。

※ロボネコヤマトⓇはヤマトホールディングス株式会社の登録商標です。

  信号制御機に日本信号の専用無線装置を取り付け、リアルタイムに信号の灯色や残り時間などの情報を自動運転車両へ送ります。信号情報を受けた車両は、その自動運転システムによって「進む」か「停止」かの制御を行います。

  本実験は同日藤沢市内にて、DeNAとヤマト運輸株式会社による、次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」にて、アイサンテクノロジー株式会社の自動運転車両を用いた自動運転による配送の実証実験内で実施しました。なお、「ロボネコヤマト」は、神奈川県、藤沢市、DeNAおよびヤマト運輸で締結した協定に基づき実施しております。

※参考情報 https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/selfdriving/youryou.pdf