エンターテインメント

オリジナルアニメ創出企画「Project ANIMA」 第一弾「SF・ロボットアニメ部門」最終結果発表 『削岩ラビリンスマーカー』のアニメ化が決定!

2018年08月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)と株式会社創通(本社:東京都港区、代表取締役社長:出原 隆史、以下創通)と株式会社文化放送 (本社:東京都港区、代表取締役社長:上口 宏、以下文化放送)と株式会社毎日放送(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:三村 景一、以下毎日放送、およびMBSアニメーション)の四社が共同でオリジナルアニメ作品を創出する、「Project ANIMA」第一弾のアニメ化作品が決定しました。 厳正なる選考の結果、大賞作品は該当なし。準大賞作品として、戌井猫太郎さんの『削岩ラビリンスマーカー』https://estar.jp/_novel_view?w=25116155 )を選出しました。受賞作は株式会社サテライト(本社:東京都杉並区、代表取締役:佐藤 道明、以下サテライト)の制作でアニメ化されます。詳細は公式サイト内( https://project-anima.jp/projects/1 )で公開しています。
 「Project ANIMA」第一弾「SF・ロボットアニメ部門」は、2018年2月1日(木)から4月15日(日)にかけ、「小説・脚本選考」「マンガ選考」「企画書・その他選考」の3つの選考形式を設け、プロ/アマ、個人/法人不問で作品を募集。数千にのぼる応募作の中から、DeNAの編集者・プロデューサーによる一次審査、DeNA・創通・文化放送・毎日放送の四社およびアニメ制作を担うサテライトの現場プロデューサーによる二次審査、監督らを交えた最終審査を経て、この度作品を決定しました。
 最終審査では、募集開始時に打ち出していた「アニメーションに新しいジャンルを作り出すような、オリジナリティあふれるアイデア」に該当するものはなかったとの意見があり、大賞作品は該当なし。準大賞である『削岩ラビリンスマーカー』をアニメ化対象作品とし、2020年の放映を目指して制作を開始します。受賞作には副賞として賞金100万円が贈られるほか、8月25日(土)に幕張メッセにて開催される日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「C3AFA TOKYO 2018」内のメインステージにて授賞式を行います。
 なお、株式会社ジェー・シー・スタッフが制作を担う「Project ANIMA」第二弾「異世界・ファンタジー部門」の中間結果発表は2018年9月中旬を予定しています。株式会社動画工房が制作を担う第三弾「キッズ・ゲームアニメ部門」は2018年11月15日(木)まで作品を募集中です。
 DeNA、創通、文化放送、毎日放送の四社は「Project ANIMA」を通じて、世界に通用するようなクオリティの高い日本アニメの継続的な創出を目指します。