オートモーティブ

MaaS分野におけるAI・クラウド・ITSなどの技術開発の横断組織「モビリティインテリジェンス開発部」発足

2018年10月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下 DeNA)は、MaaS(Mobility as a Service)分野における技術開発をおこなう横断組織、モビリティインテリジェンス開発部をオートモーティブ事業本部内に発足させました。

 DeNAのオートモーティブ事業本部は、「あらゆる人やモノが、安全・快適に移動ができる世界を。」をコンセプトに、DeNAがこれまで培ってきた「インターネット×AI」の力によって、日本の交通システムにイノベーションを起こし、交通システム不全という社会課題の解決を目指し、2015年6月に発足しました。現在では次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、日産自動車との無人運転車両を活用した新しい交通サービス「Easy Ride」、個人間カーシェアサービス「Anyca」、完全自動運転車両による交通サービス「ロボットシャトル」などのサービスを展開しています。

 本開発部は、DeNAオートモーティブが展開している各サービスを横断して技術開発をおこなう組織です。特化する領域としては、交通需要予測、走行経路の最適化などのアルゴリズム領域から、地図データや位置情報ビッグデータの分析基盤などのクラウド領域などが対象です。AI、クラウド、ITS分野での専門性の高いエンジニアが一つの組織として開発をおこなうことで、相互に関連する技術課題を迅速かつ低コストで解決し、各サービス共通で使用できる交通不全の解消に必要な移動最適化機能(「モビリティインテリジェンス」と定義)を提供します。

 これまでも各サービスごとに技術開発を行ってきましたが、本開発部の発足により、MaaS分野において幅広くサービスを展開しているDeNAならではのノウハウや技術を蓄積・展開することで、各サービス単体では得られないシナジーを生んでいきます。

 今回、新設するモビリティインテリジェンス開発部は、長谷 歴(はせ れき)が部長に就任します。今後は、本開発部の人員をさらに拡大予定で、DeNAオートモーティブの基幹システム開発を支えていきます。

長谷 歴の社内インタビュー記事はこちら: https://dena-automotive.com/members/hase/