オートモーティブ

次世代タクシー配車アプリ「タクベル」を新名称「MOV」に変更 全国展開を機にリブランディング

12月5日より東京都内※1でのサービスも開始

2018年11月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加
  株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)が提供している次世代タクシー配車アプリ「タクベル」は、全国展開を機にリブランディングを決定し、2018年12月5日(水)から新名称「MOV(モブ)」に変更します。また、同日より東京都内※1でのサービスも開始予定です。
※1:東京23区を中⼼としたエリア
  次世代タクシー配車アプリ「タクベル」はこれまで、一般社団法人神奈川県タクシー協会と神奈川県内でサービスを展開してきており好調に推移しています。
  今回のリブランディングの背景には、全国展開を機にタクシー業界に新しい風をおこし、タクシー事業者と共に進化・新しさを発信していくために、「ちょっと先の未来(新しさ)」+「移動」を感じてもらえるようなコンセプトとして考案しました。
  「MOV」の名称は、「移動、人の心を動かす、感動させる」などの意味を持つ「MOVE」が由来で、ロゴデザインは、上空から見た車をシンプルに抽象化して表現しています。「MOV」というサービスを通して、新しいタクシー移動体験を提供したいという想いを込めています。
  「MOV」は2018年12月5日の東京23区を中心としたエリア展開に加え、2019年春には京阪神エリアでの展開が決定しており、各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心に順次全国各地へと拡大していく予定です。
  なお、これまでご利用いただいている「タクベル」アプリは引き続きご利用いただけますが、12月5日以降、アプリをアップデートすると、新アプリ「MOV」に切り替わります。