オートモーティブ

浸透する個人間カーシェアリング サービス開始から3年で登録会員数17万人超、登録車数6,000台を突破

2000万円以上の高級車や旧車など700車種以上が登録

2018年10月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加
  株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が提供する個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」は、サービス開始3周年を記念してインフォグラフィック「データで見るAnycaの今」を公開しました。
インフォグラフィック「データで見るAnycaの今」
URL : https://anyca.net/campaign/infographic_201810
Anycaは2015年9月のサービスリリースから3年経ち、これまで17万人以上の方にご登録いただいています。また登録車数は6,000台を超え、700種以上の車種が登録されています。
■東京都は2000台以上、都市圏が大多数を占める
  登録車の都道府県別台数は、東京都が2,000台を超えて圧倒的に多く、次いで神奈川県・大阪府と主要都市圏が多い結果になりました。
■最も高価な登録車は2000万円台!最も古い年式の登録車は1950年モノ
  登録車の中で最も高価な車はBMW「i8」で2000万円台。※ 対して、最も古い年式の車は「JAGUAR XK」で1954年の車でした。未来を感じる次世代スーパーカーや、幻の旧車もAnycaで体験ができます。
■休日(24h)のカーシェア料金は5,000円~12,000円が半分以上
  カーシェアの料金は、オーナーが自分自身で料金を設定できます。実際のカーシェアの料金は5,000円~12,000円が54%と半分以上を占めました。
※Anycaのガイドラインに基づいてカーシェアの設定料金に上限を設けております
※メーカー各社のカタログの新車価格を参考に記載しており、実際の購入価格とは異なる場合があります
会員登録数、クルマ登録数、車種数、累積カーシェア日数
都道府県別クルマ登録台数
高価な登録クルマ Best3
休日(24h)のカーシェア設定金額