コーポレート

エンジニア向け技術カンファレンス 第4回「DeNA TechCon 2019」を開催

「SHIFT UP」をテーマに、ゲームやオートモーティブ領域の最新AI活用事例ほかを発表

2018年11月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、DeNAの技術を活用した取り組みや新たなチャレンジについて紹介する技術カンファレンス「DeNA TechCon(テックコン) 2019」を2019年2月6日(水)に開催します。
 「DeNA TechCon」開始から4年目を迎える今年は、「SHIFT UP」をテーマに、会場内を「AI 技術の事業への応用」、「クラウド活用」、「サービス開発」、「ものづくりを支える技術」の4ステージに分け、それぞれの領域で起こっている様々な転換や未来に向けた動きを最新技術事例とともにご紹介します。DeNAが力を入れるAI技術の事業応用や、システム基盤におけるクラウドシフトなど横断的な取り組みに加え、オートモーティブ事業では次世代タクシー配車サービス「タクベル」の車載ハードウェアについての紹介、高いセキュリティレベルを要するヘルスケア事業での課題解決といった専門領域で蓄積されてきた直近の事例を現場のエンジニアたちがご紹介します。
 2019年3月に創業20周年を迎えるDeNAでは、「インターネットやAIを活⽤し、永久ベンチャーとして世の中にデライトを届ける」をビジョンに掲げ、幅広い領域での挑戦を続けています。事業領域の拡⼤がますます加速する中、新しい技術をいかに早く取り⼊れ、DeNAの挑戦領域においてどのように実⽤化するかが求められています。これを受け、2018年8月からは最先端技術の研究開発と事業化への発案に集中できる集団として全社横断のR&D組織を設置、また同10月からはオートモーティブ事業部門にMaaS(Mobility as a Service)分野における技術開発をおこなう専門組織も発足しています。
■DeNA TechCon 2019概要
  • 日時
    2019年2月6日(水) 13:00~20:00(12:00受付開始)
  • 会場
    渋谷ヒカリエ9階「HIKARIE HALL A/B」
  • 主なプログラム
    ●オープニング
    DeNA 執行役員 システム本部 本部長 小林 篤

    ●セッション内容(一部例)
    A-STAGE「AI 技術の事業への応用」
    「運用ゲームにAIを導入するまで〜プロジェクトマネジメント・ユースケース・運用〜」

    B-STAGE「クラウド活用」
    「DeNAのインフラ戦略 〜クラウドジャーニーの舞台裏〜」

    C-STAGE「サービス開発」
    「次世代タクシー配車サービス『タクベル』を支える車載ハードウェアとソフトウェアの話」
    「ヘルスケアサービス開発の裏側 〜品質と開発効率の両立〜」

    D-STAGE「ものづくりを支える技術」
    (未定)

    *タイトルは全て仮です。その他のセッションは、公式サイトより順次公開いたします。

    ●アフターパーティー
  • お申し込み
    無料
  • 主催
    株式会社ディー・エヌ・エー
  • 公式サイト
  • 参加登録フォーム