ヘルスケア

DeNA、DeNAライフサイエンスが展開するAI創薬プロジェクトにラクオリア創薬が参画

2018年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 この度、株式会社ディー・エヌ・エー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下「DeNA」)、株式会社DeNAライフサイエンス(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長: 瀬川 翔、以下「DLS」)ならびに住商ファーマインターナショナル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:中村 健一、以下「住商ファーマ」)が協働で進めているAI創薬プロジェクトに、ラクオリア創薬株式会社(所在地:愛知県名古屋市、代表取締役社長:谷 直樹、以下「ラクオリア創薬」)が参画することとなりました。
 現在、DeNAおよびDLSはそのAI技術を活用し、製薬企業とAI創薬の実現可能性を検証する共同研究を実施しており、住商ファーマはそのAI創薬プログラムの完成に向けた活動を支援するとともに将来の事業展開を行う役割を担っています。
 今回、DeNAおよびDLSと住商ファーマの活動にラクオリア創薬が賛同し、AI創薬プログラムの完成に向けて、本AI創薬プロジェクトに参画する運びになりました。ラクオリア創薬は、AI創薬プログラムの実現可能性検証をさらに進める目的で、ラクオリア創薬の所有する化合物情報の提供等を通して、AI創薬プログラムの精度向上に貢献することを目指します。
 DeNAおよびDLSは、AI技術を用いた創薬を通じて健康長寿社会の実現を目指します。ラクオリア創薬は、強みである”創薬力“に磨きをかけるべく、今後も最先端の創薬研究の様々な可能性にチャレンジしてまいります。