オートモーティブ

次世代タクシー配車アプリ「MOV」システムオリジン、西菱電機、JVCケンウッドと配車システムの連携を目指す検討を開始

2018年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が提供する、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は、株式会社システムオリジン(本社:静岡県静岡市、代表取締役社⻑:海野知之、以下システムオリジン)、西菱電機株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:西岡 伸明、以下西菱電機)、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 会長執行役員:辻 孝夫、以下JVCケンウッド)と2019年中の配車システムの連携を目指す検討を開始することを決定しました。
 「MOV」は、お客様がアプリから配車依頼を行うと、タクシー車内に設置された乗務員専⽤端末に直接配車依頼がかかる「アプリ連携方式」を採用しており、タクシーが従来電話配車などで使用している無線機システムなどとは独立した配車システムです。そのため、タクシー事業者は無線機システムなどの入れ替えタイミングに影響を受けずに、「MOV」を導入することができました。また、「MOV」はタクシーメーターと連携し実空車情報をリアルタイムに反映できるため、タクシー事業者は従来の電話配車と重複することなく、追加の配車依頼を受けることができます。
 今回、タクシー事業者と乗務員の更なる利便性向上のため、「MOV」の配車システムとシステムオリジン、西菱電機、JVCケンウッドの無線機システムなどを連携させることで、乗務員が「MOV」の乗務員専用タブレットで電話などの配車依頼も一元管理できることを可能にするシステム開発の検討をしていきます。タクシー事業者は無線機システムなどと「MOV」の配車システムを並行して採用するという従来の選択肢に加え、今回のシステム連携の仕組みが実現すると、無線機システムなどの入れ替え時の初期の車載端末投資を不要にするという選択ができます。また、乗務員は複数の配車システムを使い分ける必要がなくなります。
※ナビ機能付き乗務員専用タブレットの月額使用料は別途発生することを想定しています。
 各社との連携は2019年中を目標とし、他の無線機システムなどを提供している会社との連携拡大も目指します。