AI

DeNAとSenseTimeが業務提携

SenseME、SenseMedia等のAIソリューションの日本国内での販売を開始

2019年01月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、人工知能(AI)技術に強みを持つ中国のSenseTime Group Limited(本社:中国 香港、代表取締役Xu Li、以下SenseTime)と業務提携し、SenseTimeが提供するSenseME®、SenseID® 、SenseMedia®等の顔認識技術を活用したAIソリューションを日本で販売開始します。
 本取り組みでは、DeNAがこれまでのインターネットサービスの運営を通じて蓄積してきたAI技術活用の経験と、SenseTimeのコンピュータビジョンに関する知見と最先端のAI技術や製品を組み合わせ、ゲーム・エンターテインメント、スポーツ、ヘルスケア、eコマースのほか、小売からメディア業界まで、画像・映像を扱うあらゆる産業での活用を推進していきます。
 今後DeNAは、これらの先端AI技術の販売と提供を通じて、世の中の様々な課題を減らし、産業の発展とともに人々がより快適に楽しく過ごせる社会の実現に貢献してまいります。
■SenseMe概要
画像や動画から、顔や全身の特徴を把握し、リアルタイムにモバイルでデコレーションやエフェクト、スティッカー等の画像、映像処理ができ、動画配信サービスや写真加工アプリ、広告表示の属性判定など、100以上のサービスに導入されています。
DeNAグループが展開する、ソーシャルライブ配信サービス「Pococha(ポコチャ)」で既に導入*1しており、仮想ライブ空間「SHOWROOM」でも導入を予定しています。また、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」が提携するタクシーの後部座席に設置したタブレットで配信される高精細な動画広告サービス「Premium Taxi Vision」においても導入を予定しています。
■SenseID 概要
身分証明写真との比較による本人確認や生体認証をオンラインデバイス及びオンラインで行うことができます。対話的に確認したり、画像・動画から判断するなど、ニーズに合わせた方法で生体の判断を行うことが可能です。
Webサービスの本人確認時等で活用が期待され、DeNAが展開する個人間カーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」でも導入を予定*2しています。
■SenseMedia 概要
動画コンテンツの特徴を捉え、内容を認識・解析した結果をもとにハイライト動画の生成や要約、異常検知等を行うことができます。人の手を介さず動画を要約することができるため、スポーツ動画や広告分析などでの応用が期待されます。
服の特徴を認識
体の向きの変化に対応
動きに対応
*1 現在、iOS版のみ導入しております。
*2 DeNAが管理する日本国内のサーバで運用されます。
■ソリューション導入に関するお問合せ先
株式会社ディー・エヌ・エー 渉外統括本部 佐藤
sensetime_sales@dena.jp