オートモーティブ

DeNA、国際興業大阪と次世代タクシー配車アプリ「MOV」での協業を開始

京阪神エリアでのサービス展開に向け大阪府から今春スタート

2019年01月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下 DeNA)は、株式会社国際興業大阪(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山本 康夫、以下 国際興業大阪)とDeNAが提供している次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ、旧タクベル)」における協業を行うことを合意しました。これにより、2019年春に予定している京阪神エリアでのサービス展開において、まず大阪府での協業事業者が決定しました。
 DeNAはこれまで、神奈川県内でサービスを展開してきており、2018年12月からは東京23区を中心としたエリアでサービスをスタートさせています。直近の月間実車回数が13万回を突破するなど好調に推移しています。
 この協業により、国際興業大阪がこれまで培ってきた安心・安全を担保する運行管理ノウハウと、DeNAの乗客用・乗務員用端末に関わるアプリケーションの開発・運用技術、AI探客ナビ(仮称)などによって、大阪府でも完成度の高い次世代タクシー配車サービスを構築して参ります。また、DeNAは配車アプリのみならず、後部座席でお客様がニュース/交通情報などが見られるタブレット、クレジットカード(接触型/⾮接触型IC カード対応)および交通系電⼦マネーに対応する決済機、無線機システムとの連携などハードウェアを含めたタクシーの総合的なスマート化・IoT化を実現し、タクシーの利用体験を次々に新しく便利にして参ります。
■今後の展開予定
 京阪神エリアでは、協業事業者をさらに増やして展開開始予定です。さらに、各地のタクシー事業者と連携し、都市圏を中心に順次全国各地へと拡大していく予定です。 “すぐ呼べる。すぐ乗れる。”次世代タクシー配車サービスの普及拡大を進め、2020年には配⾞回数国内ナンバーワンを⽬指しています。また、タクシー会社との連携を強化し、労働⼒不⾜などのタクシー会社が抱える課題の解決に貢献して参ります。