コーポレート

アニメ「ポチっと発明 ピカちんキット」とDeNAが無料提供するプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」がコラボレーション

「プログラミングゼミ」に楽しんで学習できる「コラボ!ピカちんキット」コンテンツが登場

2019年02月01日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が運営する、小学生向けプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」とアニメ「ポチっと発明 ピカちんキット」がコラボレーションし、「プログラミングゼミ」内に「コラボ!ピカちんキット」のコンテンツが公開されました。
 また、2月9日にはアニメ「ポチっと発明 ピカちんキット」でプログラミングをテーマにしたエピソードが放送され、後半のバラエティパートで「プログラミングゼミ」がプログラミング学習コンテンツのひとつとして紹介される予定です。
 DeNAでは「プログラミングゼミ」の取り組みを通じて、これからの未来を担う多くの子どもたちにプログラミングの楽しさを知ってもらうとともに、2020年のプログラミング教育必修化に向けて、多くの小学校がプログラミング教育に取り組めるように環境づくりを進めています。
■アニメ「ポチっと発明 ピカちんキット」とのコラボレーション概要
「プログラミングゼミ」に新たに公開された「コラボ!ピカちんキット」には、アニメ「ポチっと発明 ピカちんキット」に登場するキャラクターの遠松エイジ、ポチロー、愛藤ロム、愛藤ラン、ハリメタル、クマロンが登場します。プログラミングをテーマとして生まれたキャラクターの愛藤ロム、愛藤ラン、クマロン、ハリメタルも「プログラミングゼミ」に新登場となります。
 「プログラミングゼミ」の「メニュー」から「くみたてよう」のページに行き、「コラボ!ピカちんキット」を選択。ストーリーやヒントをみながら、Lv1からLv3までのコンテンツで楽しくプログラミング学習ができます。各レベルのコンテンツでは、マッチ3パズルゲームがブロックプログラミングで99%完成された状態で用意されています。子どもたちは、このままでは動かないゲームを、アニメのエイジ君のように“1%のピラメキ"でブロックを組み直すことで、ゲームが正しく動くようにプログラミングします。
 なお、コラボコンテンツは教育現場など配慮の必要なシーンでご利用いただく場合には、アプリ内でコラボ企画を無効に設定することで、非表示にすることが可能です。
▲「コラボ!ピカちんキット」のキャラクター
▲左から、遠松エイジ、ポチロー、愛藤ラン、愛藤ロム、クマロン、ハリメタル
▲「コラボ!ピカちんキット」プログラミング画面■アニメ「ポチっと発明 ピカちんキット」について
<あらすじ>
「こんなことができたらいいな~」という願いを実現してくれる『ピカちんキット』!
小学5年の遠松エイジは、たった1%(イッパー) の『ピラメキ』から、毎日を面白くする発明を生み出していく!
現在、テレビ東京系6局ネットでアニメ放映中。
公式サイトはこちら:https://pikachin.com/
©PIKACHIN
■DeNAのプログラミング教育「プログラミングゼミ」について
DeNAではCSR活動の次世代へのIT支援として、2014年よりプログラミング教育を推進しています。小学校向けプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」は、その一環として2017年10月にiOS、Android、Windows向けに無料公開し、公立小学校での授業やイベントなどを通じて、これまで5000人以上の児童に体験いただいています。
「プログラミングゼミ」はビジュアルプログラミングを採用し、パズルや既成プログラムの組み替え、ゼロからオリジナル作品を制作するなど、基礎から応用、創作まで小学校の子どもたちでも理解しやすく、楽しみながらプログラミングの概念などを習得できるプログラミング学習アプリです。
■「プログラミングゼミ」概要
※iPhone、iPadは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※IOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※Android は Google LLCの商標です。
※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。