ヘルスケア

医学的専門性の強化によるヘルスケア事業の更なる加速に向けてChief Medical Officer(CMO)を設置

2019年04月04日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、ヘルスケア事業領域において、「SickケアからHealthケアへの転換を実現し、「健康寿命」を延伸する」ため各種取組みを展開しています。今後、取組みに当たっての医学的専門性を強化し、様々なステークホルダーと連携しながら、よりよいヘルスケアサービスを社会にお届けするため、2019年4月より
Chief Medical Officer(最高医療責任者、以下CMO)を設置します。
 DeNAでは、これまでゲームやスポーツの領域で培った、利⽤者の方に楽しみながら継続的な利用をいただく独⾃のノウハウ(「エンゲージメントサイエンス(※)」)を活⽤し、「MYCODE」、「歩いておトク」、「KenCoM」などインターネットを通じて様々なヘルスケアサービスを提供しています。また、これらのサービスの利用者の協力を得て、民間企業・研究機関等との共同研究を推進しております。
 これらの取組みに当たっては、外部の協力を得ながら、医学的専門性を取り入れて推進してきましたが、今後は、スピード感をもって、これらの取組みをさらに加速・強化していくため、自社として医学的専門性を強化し、これらのサービスを一元的に統括するとともに各種ステークホルダーとの連携を強化していくことが必要な段階に来ていると考え、CMOを設置することとしました。特に、行動変容・罹患率低減の実績が出てきた「KenCoM」の更なる進化や、認知症をはじめ他の領域での事業展開の加速化、がんを早期発見する血液検査システムの共同開発の本格化等に注力します。
 CMOには、医師資格を有し、厚生労働省・石川県・在フィリピン大使館等での幅広い分野での勤務を通じた保健・医療分野における豊富な経験・知識・ネットワークを有する三宅邦明が就任しました。
※データ分析⼒とサービス運⽤⼒に基づいて、利⽤者にサービスを使い始めてもらい、使い続けてもらうためのノウハウ
【Chief Medical Officer(CMO)経歴】
三宅邦明(みやけ くにあき)

1995年、慶應義塾大学医学部卒業・厚生省(当時)入省。
厚生労働省健康局 健康フロンティア戦略室、結核感染症課、医政局研究開発振興課、内閣官房 新型インフルエンザ等対策室等、新規施策の立案から医療情報・医薬品・医療機器の開発に至るまで各種施策に携わる。また石川県健康福祉部長、外務省 在フィリピン日本大使館書記官、厚生労働省 医政局総務課医療国際展開室室長として、地域・海外における保健・医療分野でも活躍。2019年3月厚生労働省退官。
2019年4月、株式会社ディー・エヌ・エー入社、Chief Medical Officer(CMO)および子会社 DeSCヘルスケア株式会社の代表取締役社長に就任。
【代表取締役会長 南場智子よりコメント】
DeNAは、2014年から、より多くの人に健康で長生きしてほしいとの思いを胸に、様々なヘルスケアサービスを提供しています。サービス開始から5年目を迎えるにあたり、これらの取組みを更に加速させていくべく、CMOを設置することにいたしました。この度、CMOに就任する三宅邦明氏は、医師としての経験に加え、厚生労働省結核感染症課長を務めるなど幅広い行政実務経験・ネットワークを有しており、今後のDeNAのヘルスケアサービスの発展に大きく貢献してくれるものと大変期待しています。
【DeNA のヘルスケア領域の取組みについて】
DeNA は、2014年開始の一般向け遺伝子検査サービス「MYCODE」をはじめ、健康保険組合などで提供する健康増進支援サービス「KenCoM」、ドコモ・ヘルスケアとの共同開発によるウォーキングアプリ「歩いておトク」等、DeNAがこれまで培ったエンゲージメントサイエンスやヘルスケアサービスのノウハウを組み合わせた各種サービスを提供しています。また2018年からはヘルスケア型保険の開発・提供を注力対象とし、保険会社との各種業務提携も積極的に推進しています。
DeNAは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業を経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄2019」にも選定されています。
[公式サイト https://healthcare.dena.com/