コーポレート

スポーツを軸とした新しいまちづくりによる地域経済活性化に取り組む ベンチャー企業を発掘し「横浜スポーツタウン構想」の実現をともに目指す新事業「YOKOHAMA Sports Town Accelerator」を開始

2019年07月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑兼CEO:守安功、以下 DeNA)は、ベンチャー企業などとの共創を通じて、DeNAグループが推進する「横浜スポーツタウン構想」の実現に向けた取り組みを加速し、横浜の地域経済活性化、新しいまちづくりの一助となることを目指す新事業として「YOKOHAMA Sports Town Accelerator(ヨコハマ スポーツタウン アクセラレータ)」を2019年秋に開始します。
 2017年1月、横浜DeNAベイスターズをはじめとしたDeNAグループのスポーツリソースを中心に、行政組織、パートナー企業が三位一体となり、スポーツの力で横浜の街に賑わいをつくることを目指す「横浜スポーツタウン構想」を発表しました。また、株式会社横浜DeNAベイスターズ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社⻑:岡村信悟)は、2017年12月よりスポーツ・エンターテインメント分野で事業をおこなうベンチャー企業と新たなスポーツ産業を共創する「BAYSTARS Sports Accelerator(ベイスターズ スポーツ アクセラレータ)」を始動しています。この度開始する「YOKOHAMA Sports Town Accelerator」は、 「BAYSTARS Sports Accelerator」と連動しつつ、テーマを「スポーツを軸とした新しいまちづくり」などに拡張したものとして新設します。
 本事業はDeNAが事業主体を務め、まちづくり事業に携わり、独自のアクセラレータプログラムでもベンチャー企業との共創に積極的に取り組んでいる三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信)、東京急行電鉄株式会社(本社:東京都渋谷区、取締役社長:髙橋和夫)、京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:原田一之)の3社が協力するほか、「BAYSTARS Sports Accelerator」の運営実績を持つ株式会社横浜DeNAベイスターズが運営協力として参加します。
 DeNAは本事業を通じて、新たなアイデアを持つベンチャー企業との協業機会を創出するだけでなく、複数の施策や事業を展開することで、「世界に誇るスポーツタウン・横浜」の実現に向けて、これまで以上に取り組みを加速していきます。
■「YOKOHAMA Sports Town Accelerator」運営体制
事業主体: 株式会社ディー・エヌ・エー
協力: 三井不動産株式会社、東京急行電鉄株式会社、京浜急行電鉄株式会社
運営協力: 株式会社横浜DeNAベイスターズ(THE BAYS / CREATIVE SPORTS LAB)
■「YOKOHAMA Sports Town Accelerator」実施概要(2019年7月時点)
実施目的:
本事業によるベンチャー企業などとの共創を通じて、横浜スポーツタウン構想の実現に向けた取り組みを加速し、横浜市の地域経済活性化、新しいまちづくりの一助となることを目指します。
募集テーマ例:
「横浜スポーツタウン構想」の実現に向けた
(1)スポーツやスポーツ関連施設を軸としたまちづくりに関わる事業
(2)プロ野球やイベント開催日以外にも、横浜公園周辺の賑わいを創出する事業
募集要項:
2019年秋に開設予定の応募受付サイトにて詳細を公開します
スケジュール:
2019年秋~2020年2月 応募受付期間
2020年2月~ 審査
2020年春以降 プログラム開始
提供予定のアセット:
DeNAグループおよび協力企業が保有するデータ*1、
企業・業界ネットワーク
DeNAグループ*2 および協力企業による資金調達機会
DeNAグループおよび協力企業保有施設等における実証実験の機会
*1 個人情報を排除したもの
*2 DeNAが今夏設立予定のファンド(投資事業有限責任組合)を含む
※実施概要は2019年7月時点のもので、変更または追加の可能性があります。
また、提供予定アセットは現時点での案であり、内容および提供者は採択されたプランに応じて変動します。