コーポレート

起業家輩出を目的とした「ベンチャー・ビルダー事業」開始 「デライト・ベンチャーズ1号投資事業有限責任組合」を組成

2019年07月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑兼CEO:守安 功、以下 DeNA)は、事業のスピンアウトおよび起業家輩出を主目的とした新規事業開発の仕組み「ベンチャー・ビルダー事業」を開始いたします。これまで社内で行なっていたインキュベーションの仕組みを大幅に改変し、DeNA内外の人材による、スピンアウトを前提とした事業創出を行っていきます。また、DeNA社員の独立起業も積極的に支援します。これを行う枠組みとして「デライト・ベンチャーズ1号投資事業有限責任組合(以下、デライト・ベンチャーズ)」を組成します。デライト・ベンチャーズは、有限責任組合員(LP)にDeNA、無限責任組合員(GP)にDeNAの100%子会社である株式会社Delight Venture Investment(代表:南場 智子)と、DeNA出身者である渡辺大が参画し、100億円規模の資金でDeNA内外の起業家輩出に関わって参ります。
 「ベンチャー・ビルダー事業」は、新規事業のアイデア発掘から立ち上げまでをデライト・ベンチャーズがDeNAと共に主体的に行います。早期に外部投資家からの資金調達を通じて、経営者がオーナーシップを持つ新会社としてスピンアウトするものです。スピンアウト後は、デライト・ベンチャーズは少数株主として、新会社の成長を支援します。
 DeNAは永久ベンチャーとして常に新しいことに挑戦し、新規事業立ち上げのために必要な知見や経験を蓄積してきました。既に多くの事業をスピンアウトさせ、優れた起業家を輩出してきております。この度デライト・ベンチャーズの設立によって、この取り組みを更に加速し、日本のイノベーションエコシステムの発展に貢献したいと考えています。また、DeNAが10年以上かけて築き上げてきたシリコンバレーや中国などのグローバルネットワークを活用し、スタートアップの成長や海外展開もサポートします。
 DeNAは、ファンドを通じた投資リターンだけでなく人材や事業を積極的に開放することにより、起業家マインドの高い人材を惹きつけ、スタートアップコミュニティと共に発展していきたいと考えています。また、成長事業を発掘し提携や買収に結びつけて行くことも同時に目指していきます。
◼️「デライト・ベンチャーズ」プログラム概要
  • Venture Builder
    (新規事業創出)
    DeNAとデライト・ベンチャーズが主体となって、DeNAグループ内外の方々と共に、新規事業の立ち上げを行います。早期に外部投資家からの資金調達を通じて、経営者がオーナーシップを持つ新会社としてスピンアウトし、その後デライト・ベンチャーズは少数株主として、新会社の成長を支援します。
  • Springboard
    (独立起業支援)
    DeNAの社員や、優秀な社外の人材の独立起業を全力でサポートするプログラムです。 事業案を固めるための調査、会社設立や資本政策等のサポート、経験豊富な起業家や投資家等のメンター陣による事業アドバイス、起業後の出資など、あらゆる方法で起業家としてのスタートダッシュを支援します。
  • ベンチャー投資
    シード期を中心としたアーリーステージの優良なスタートアップに投資を行い、海外展開を含め成長のサポートを行います。
◼️「デライト・ベンチャーズ」概要
  • 組合名
    デライト・ベンチャーズ1号投資事業有限責任組合
  • 所在地
    東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ
  • 設立日
    2019年夏予定
  • 有限責任組合員 (LP)
    株式会社ディー・エヌ・エー
  • 無限責任組合員 (GP)
    以下の者が運営する「デライト・ベンチャーズ有限責任事業組合」
    ・株式会社Delight Venture Investment (当社100%子会社/代表: 南場 智子)
    ・渡辺 大
  • ファンドサイズ
    100億円 (組合契約に定める予定の出資約束金額)
  • デライト・ベンチャーズHP