エンターテインメント

オリジナルアニメ創出プロジェクト「Project ANIMA」 第一弾『削岩ラビリンスマーカー』改め『Sacks&Guns!!』 スタッフ・キャストが決定、コンセプトビジュアルを解禁

2019年08月02日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功)と株式会社創通(本社:東京都港区、代表取締役社長:難波 秀行)、株式会社文化放送(本社:東京都港区、代表取締役社長:上口 宏)、株式会社毎日放送(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:三村 景一)の四社が共同でオリジナルアニメ作品を創出する「Project ANIMA」。
 第一弾「SF・ロボットアニメ部門」にて準大賞を受賞し、株式会社サテライト(本社:東京都杉並区、代表取締役:佐藤 道明)によるアニメ化が決定した原案『削岩ラビリンスマーカー』(作:戌井猫太郎)の正式タイトルが、『Sacks&Guns!!(サクガン!!)』に決定しました。
 本作の監督は『Caligula』『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』『長門有希ちゃんの消失』の和田純一が務めます。キャラクター原案には漫画家の岩原裕二(『Dimension W』『いばらの王』)、メカニックデザインにブリュネ・スタニスラス(『マクロスΔ』『AKB0048』)、コンセプトデザインには幸田和磨(『INGRESS THE ANIMATION』『NieR:Automata』)、音響監督に木村絵理子(『機動戦士ガンダムNT』『DEVILMAN crybaby』)を迎え、地下世界を舞台に主人公父娘を中心としたキャラクターたちが活躍する、メカあり・謎解きあり・冒険ありのヒューマンドラマを描きます。
 今回公開されたコンセプトビジュアルは、主人公父娘・ガガンバ―とメメンプーがもともと居住していた、冒険の出発点となるアジア風の地下コロニー、「ピンイン」の全景イメージです。
 キャストには、Project ANIMAのアンバサダーである声優の緑川光、公式番組「豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」(文化放送 FM91.6MHz/AM1134kHz)にも出演中の豊永利行が決定しました。『Sacks&Guns!!』についてのさらなる情報は、明日8月3日(土)26:30~放送の「ラジオ文芸部」でもお知らせします。
■『Sacks&Guns‼(サクガン‼)』あらすじ
遠い未来。人類は岩盤に隔てられた「コロニー」で肩を寄せ合い生きていた。
コロニーの外には危険な未開地帯「ラビリンス」が広がり、命を懸けて「ラビリンス」を開拓する者たちは、未開に印付ける者、すなわち「マーカー」と呼ばれた。
マーカーになりたい少女・メメンプー、マーカーをやめた男・ガガンバー。
そんな凸凹な父娘が今、ラビリンスに挑む!
■スタッフ
監督: 和田 純一
キャラクター原案: 岩原 裕二
メカニックデザイン: ブリュネ・スタニスラス
コンセプトデザイン: 幸田 和磨
シナリオ協力: 芝村 裕吏
音響監督: 木村 絵理子
音響制作: 東北新社
アニメーション制作: サテライト
■キャスト
豊永 利行
緑川 光
ほか
■Project ANIMAとは?( https://project-anima.jp )
 「Project ANIMA」は、2020年代のアニメファンに捧げる新しい作品を創出するための取り組みで、2018年の一年間をかけて、広く一般からアニメの原案を募集しました。第一弾「SF・ロボットアニメ部門」、第二弾「異世界・ファンタジー部門」、第三弾「キッズ・ゲームアニメ部門」の三部門に分かれ、選出作はそれぞれ株式会社サテライト、株式会社ジェー・シー・スタッフ、株式会社動画工房によってアニメ化されます。
 作品の審査は「Project ANIMA」プロジェクトチーム四社と各部門の映像化を手掛ける制作会社とが合同で行い、大賞作品がTVアニメ化されるほか、その他の優秀作品についても書籍化・コミック化・ゲーム化などが検討されます。