コーポレート

DeNA、社員のライフイベントと仕事の両立を支援

DeNA LIFE DESIGN PROJECT を発足

2019年10月01日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 CEO:守安 功、以下 DeNA)は、社員のライフイベントと仕事の両立をサポートしていく「DeNA LIFE DESIGN PROJECT」を2019年10月1日(火)に発足しました。 ライフステージが多様にかわる女性社員をサポートすべく 2012年に発足した「DeNA Women’s Council」を、男女関係なく起こる様々なライフイベントのニーズに寄り添うべく「DeNA LIFE DESIGN PROJECT」と発展的に改めました。
 DeNAではこれまで、育休・産休のサポートに力を入れ取り組んできた結果、95.9%※1の女性社員が休暇取得後に復職しています。厚生労働省が男性の育休取得率を2020年度には13%に上げることなどを目標に掲げてワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)の実現への取り組み※2を行うなど、社会的にも男性の育休取得といった対応が求められる中、DeNAでは、ここ数年で男性社員の育休取得件数が従来の約3倍※3に近い水準で増えています。また、自身の病気や不調、家族の介護や看護、不妊治療など、社員の相談内容も多様になってきたことをふまえ、今回のリニューアルに至りました。
※1 2017年4月~2019年3月までに育休・産休を取得した女性社員に対する割合
※2 厚生労働省「イクメンプロジェクト」
※3 2015年10月~2017年9月と、2017年10月~2019年9月の件数比較
 「DeNA LIFE DESIGN PROJECT」は、社員に訪れる様々なライフイベントと仕事の両立を支援し、DeNAで長く働いてもらえるよう立ち上げたプロジェクトとして、福利厚生等の制度を定期的に見直すと共に、社員からの相談を受け付ける窓口を設けました。制度の詳細は、https://dldp.dena.com/をご覧ください。
 DeNAでは、すべての社員がライフイベントと仕事を両立しながら長くいきいきと働き続けることができる環境作りに、より一層取り組んでいきます。