オートモーティブ

DeNA、CEATEC初出展決定 AIとビッグデータによる「働き方改革タクシー」を提案

2019年10月08日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、2019年10月15日(火)から18日(金)まで幕張メッセで開催されるCEATEC 2019に初出展します。
 DeNAは2015年よりオートモーティブ分野に参入し、「交通システム不全」という社会課題を「インターネット×AI」によって解決し、あらゆる人やモノが、安心・安全に移動できる世界を目指しています。今回のCEATECでは、2030年の未来の「まち」で実現が見込まれるエネルギーや交通・インフラなどのモノとサービスが一体化したソリューション・サービスを提案する企画展示「Society 5.0 TOWN」に「働き方改革タクシー/Zero Emission Cycle Vision」というテーマで初出展します。

「働き方改革タクシー」

 2019年4月より働き方改革関連法が順次施行され、「働き方改革」は様々な業界にとって重要な経営課題として認識されています。タクシー業界も例外ではなく、人手不足による様々な課題に対し、DeNAはAIやビッグデータによる「働き方改革タクシー」というソリューションで解決することを提案します。
 出展ブースでは、次世代タクシー配車アプリ「MOV」を中心に、交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART」、AIを活用する「お客様探索ナビ」、タクシー乗務員の新しい働き方の提案など、タクシービジネス全般に関するプラットフォーマーとしてAIやビッグデータを活用した様々なソリューションをご紹介します。

「Zero Emission Cycle Vision」

 「働き方改革タクシー」を持続可能にするためにも、タクシーをEV化し、使用済みのバッテリーを路面発電システム※や独立電源街路灯※などに使用することで「コストゼロ充電システム」や「ゼロ・エミッション道路」を生み出し、社会の電動化を加速させる「Zero Emission Cycle Vision」という構想を併せてご紹介します。
※MIRAI-LABO株式会社 ( https://mirai-lab.com/ )の製品を展示
 DeNAは「インターネット×AI」によって、バーチャルなインターネットサービスのみならず、リアルなモビリティーやエネルギーという分野でも最適に運用を行い、社会の電動化を基盤とした新たなまちづくり、新たな生活価値の創造に挑戦していきます。

取締役兼COO岡村の基調講演が決定

■日時:10月18日(金)13時00分~13時45分
■会場:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1) 4A-13 A会場
■講演者:株式会社ディー・エヌ・エー 取締役兼COO 岡村 信悟
■概要:「3つのインターネットが創る未来社会」
DeNAはこれまでモバイルゲームやECをはじめとしたネットビジネスを中心に成長を遂げてきましたが、最近ではスポーツ事業やモビリティ事業などリアルビジネスにも参入し、インターネットとAIを活用することでさらなる成長を目指しています。今後DeNAは、自動運転やスマートグリッドなどフィジカル・インターネット事業にも取り組むことで、新たな生活価値の創出に挑みます。今回はこれらの取り組みに加え、その進化の先に見据えている「通信」「動力」「輸送」のインターネットが創る未来社会を紹介します。
※聴講には予約が必要です。詳細は下記よりご確認下さい。
https://www.ceatec.com/ja/news/infolist_detail.html?id=223
■CEATEC公式サイト
https://www.ceatec.com/ja/
■企画展示「Society 5.0 TOWN」概要
https://www.ceatec.com/ja/showfloor/showfloor01_01.html