ゲーム

アカマイ社のエッジプラットフォームを活用したゲーム配信の取組み 新作「ポケモンマスターズ」の全世界配信を実施

2019年10月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社⻑兼CEO:守安 功、以下 DeNA)は、今年で創業20周年を迎えました。2006年からゲーム事業に参入して以降、ゲーム事業はDeNAの主力事業となっています。DeNAのゲーム事業は、数多くのお客様をはじめ、ゲームの開発・技術提携先にも支えられています。
 この夏の新作スマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンマスターズ」の8言語での全世界配信ではアカマイ・テクノロジーズ合同会社(以下 アカマイ社)のプラットフォームが活用され、継続的に技術提供を受けています。アカマイ社のエッジプラットフォームは、豊富な配信帯、トータルコスト、サービスの安定性、サービスの使い勝手などの観点から総合的に判断し、優位性があると評価し採用となりました。
アカマイ社は、世界約140ヵ国にエッジプラットフォームを分散設置し、約25万台のサーバ群を有します。これは、クラウド上では世界最大規模の配信プラットフォームとなります。
 DeNAは、これからもより多くのエンターテインメント体験を提供するべく、引き続き世界中の皆様に楽しんでいただけるゲームを提供し続けて参ります。
ポケモンマスターズについて
スマートフォンでお楽しみいただけるポケモンの新作ゲームです。主人公であるプレイヤーは、人工島「パシオ」を舞台に、相棒のポケモンとともに冒険に出ます。パシオでは、ポケモンとそのトレーナーのコンビは、「バディーズ」と呼ばれています。主人公は様々なバディーズと出会い、彼らを仲間にしてパシオで開催される大会「ワールドポケモンマスターズ(WPM)」のチャンピオンを目指します。
アカマイについて
Akamaiは世界中の企業に安全で快適なデジタル体験を提供しています。Akamaiのインテリジェントなエッジプラットフォームは、企業のデータセンターからクラウドプロバイダーのデータセンターまで広範に網羅し、企業とそのビジネスを高速、スマート、そしてセキュアなものにします。マルチクラウドアーキテクチャの力を拡大させる、俊敏性に優れたソリューションを活用して競争優位を確立するため、世界中のトップブランドがAkamaiを利用しています。Akamaiは、意思決定、アプリケーション、体験を、ユーザーの最も近くで提供すると同時に、攻撃や脅威は遠ざけます。また、エッジセキュリティ、ウェブ/モバイルパフォーマンス、エンタープライズアクセス、ビデオデリバリーによって構成されるAkamaiのソリューションポートフォリオは、比類のないカスタマーサービスと分析、365日/24時間体制のモニタリングによって支えられています。世界中のトップブランドがAkamaiを信頼する理由について、<www.akamai.com/jp/ja/>、<blogs.akamai.com/jp>、およびTwitterの@Akamai_jpでご紹介しています。
アカマイ・テクノロジーズ合同会社について
アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。アカマイは、ウェブサイト/モバイルアプリの最適化、快適なユーザー体験、堅牢なセキュリティを実現する各種ソリューションを提供しており、日本国内では約600社が当社サービスを利用しています。
※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。