オートモーティブ

次世代タクシー配車アプリ「MOV」専用タクシー乗り場を商業施設「横浜ハンマーヘッド」で初導入

2019年10月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は、MOV専用タクシー乗り場を2019年10月31日(木)に開業する商業施設「横浜ハンマーヘッド」で初導入します。
 MOV専用タクシー乗り場は、「MOV」で配車依頼をしたタクシーの専用乗り場です。お客様は配車依頼をしたタクシーに迷うことなく乗車することができ、乗務員はお客様をすぐに見つけることができ、双方にとってより利便性が高まります。また、「横浜ハンマーヘッド」でのお買い物や飲食後に快適にご帰宅頂けるよう、店内でのクーポン配布による「MOV」の利用促進も行うことで、「横浜ハンマーヘッド」の交通利便性向上を図ります。

「横浜ハンマーヘッド」について

 新港ふ頭客船ターミナル株式会社が横浜市と公民連携して推進する『横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMA HAMMERHEAD)』 は、客船ターミナル施設(CIQ施設)を中核に、「食」を テーマとした体験・体感型の商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT(HAMMERHEAD SHOP&RESTAURANT)」、 国際ブランドホテルからなる複合施設です。

次世代タクシー配車アプリ「MOV」について

 「MOV」は、DeNAが提供する、タクシーに乗りたい人と、乗せたいタクシーをテクノロジーでつなぐ次世代タクシー配車アプリです。対応する乗務員専用端末とセットで、タクシーの配車をスムーズに行うことができます。乗客は、アプリで予想到着時間を事前に確認した上で指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことが可能です。周辺を走行中のタクシーがリアルタイムに可視化されて表示されるため、空車走行中のタクシーを簡単に確認することもできます。その上、迎車地点で乗客と乗務員が効率よく出会えるよう、お互いの現在地を確認できる機能や通話機能、定型メッセージを送り合える機能を実装しています。また、車内決済のほか、全車両でネット決済に対応し、事前のクレジットカード登録で降車時の煩わしい支払い・領収書受け取り等の手続きが不要で、目的地に到着と同時にスムーズな降車が可能です。2018年4月に神奈川県でサービスを開始し(旧:タクベル)、神奈川県では約半数のタクシー事業者が導⼊しています。