オートモーティブ

次世代タクシー配車アプリ「MOV」 専用配車端末「MOV CALL」の実証実験開始

公共施設でUD(ユニバーサルデザイン)タクシーなど誰もが手軽に配車可能に

2019年11月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が提供する、次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は、横浜市、川崎市協力のもと、神奈川県内5か所の公共施設で手軽にタクシーを呼ぶことのできる専用配車端末「MOV CALL(モブ コール)」を2019年11月27日から実験的に設置します。
 「MOV CALL」は、次世代タクシー配車アプリ「MOV」の仕組みを利用し、会員登録をすることなくタクシーの配車依頼が可能です。タッチパネルの直感的な操作で初めての方にも簡単にお使いいただけ、通常のタクシーやUDタクシー(ユニバーサルデザインタクシー)を呼ぶことができます。周囲のタクシーの現在地に応じた待ち時間の目安もリアルタイムで表示され、配車依頼後は予約レシートに記載の二次元バーコードを読み取らせることで配車状況を確認できます。
 今回の、「MOV CALL」の設置により、公共施設からスマートフォンをお持ちでないお客様も「MOV」による配車依頼が可能になります。実証実験では、需要や利用状況などを検証し、本格導入に向けての検討を進めていきます。
利用方法
●設置施設
横浜市立市民病院、済生会横浜市東部病院、横浜市立脳卒中・神経脊椎センター、川崎市立川崎病院、川崎市立井田病院 (各施設に原則2台ずつ設置)
●実証実験期間
2019年11月27日~2020年3月31日
●ご利用の際の注意事項
※利用にあたってはメーター運賃、タクシー会社所定の迎車料金、有料道路通行料金等をお支払いただきます
※UDタクシーを指定した場合、車両指定料金が別途かかります
商業施設「横浜ハンマーヘッド」への設置
 専用配車端末「MOV CALL」は自治体との取り組み以外にも、2019年10月31日に開業した商業施設「横浜ハンマーヘッド」で実験的に設置します。公共施設だけではなく、商業施設など幅広い施設で「MOV CALL」を設置することで、お客様の利便性を高めていきます。
●実証実験期間
2019年12月上旬~2020年3月31日
「横浜ハンマーヘッド」について
 新港ふ頭客船ターミナル株式会社が横浜市と公民連携して推進する『横浜ハンマーヘッド(YOKOHAMA HAMMERHEAD)』 は、客船ターミナル施設(CIQ施設)を中核に、「食」を テーマとした体験・体感型の商業施設「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT(HAMMERHEAD SHOP&RESTAURANT)」、 国際ブランドホテルからなる複合施設です。
※「MOV CALL」は商標登録出願中です。