オートモーティブ

タクシー配車アプリ「MOV」初のCM「モブりましょう」12月6日から公開 「モブちゃん」に改名した南海キャンディーズ山ちゃんがタクシー運転手を熱演

2019年12月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)が提供する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」は、南海キャンディーズの山里亮太さん・しずちゃんのお二人を起用した「MOV」初CMを2019年12月6日に公開しました。
■CM概要
タイトル:「つかまる」編、「到着時間」編
放送開始:2019年12月6日(金)
放送エリア:関西エリア
「つかまる」編(15秒): https://youtu.be/8pmuvXm0NZ0
「到着時間」編(15秒): https://youtu.be/ufPHYvenZNo
メイキング映像: https://youtu.be/vWoq4unI65U
■CMカット
「つかまる」編
「到着時間」編
■ストーリー
タクシー乗務員に扮した山里さん。
雨の日や通勤時間帯など乗りたいときほど捕まらないタクシー。タクシーを呼んでもいつ来るか分からなくて不安になってしまう。
そんなお悩みに対して、「たくさんのタクシー会社の中から一番近いタクシーを呼べる」「迎えに来るタクシーの現在地や到着時間が分かる」と「MOV」の良さをアピール。「MOV」でタクシーを配車することを「モブりましょう。」と、キャッチーな決め台詞を。
お客さんとして乗り込んだしずちゃんは山里さんに気づき、「山ちゃん?」と問いかけるも、山里さんからは改名したのだろうか「モブちゃんです」との返しが。
■撮影エピソード/メイキング
 特注の「MOV」メガネをした山里さんのタクシー運転手の熱演は必見!今回、タクシー運転手に扮した山里さん。衣装だけではなく、普段山里さんが着用している赤いメガネも作っている鯖江のメガネ屋さんで特注した青い「MOV」眼鏡をかけて熱演。ご自身でも「自分の中にタクシー乗務員の引き出しがこんなにあることにびっくり。いい芝居だった」と自画自賛。お客さん役として相方しずちゃんもCM撮影に参加。「CMの時はいつも噛むけど、今回は?」としずちゃんに尋ねられた山里さんは「MOVのCMを最高に仕上げたいという使命感で最高の演技ができた」とまたしても自画自賛。果たしてその真相は・・・・詳しくはメイキング映像をお楽しみください。