オートモーティブ

JapanTaxi株式会社は4月1日(水)から「株式会社Mobility Technologies」へ

社名も新たにモビリティの進化を牽引

2020年02月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下 DeNA)のタクシー配車アプリ等に関する事業と事業統合を予定しているJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川鍋 一朗、以下 JapanTaxi)は、2020年4月1日(水)より社名を「株式会社Mobility Technologies(モビリティテクノロジーズ)」*とし、社名も新たにモビリティの進化を牽引するサービス提供を行ってまいります。なお、JapanTaxiは、DeNAが運営するタクシー配車アプリ『MOV』や、AIを活用した事故削減サービス『DRIVE CHART』などとの事業統合を行いますが、両社で現在提供しているタクシー配車アプリをはじめとする各種サービスは、2020年4月1日(水)時点においても引き続き変わりなくご利用いただけます。サービスの移行・統合の詳細については現在検討中のため、決まり次第お知らせいたします。
*社名は後日行われるJapanTaxi株式会社の株主総会の承認を経て正式決定となる見込み
株式会社Mobility Technologies 代表取締役社長 中島 宏(就任予定)のコメント
(現:DeNA 常務執行役員 オートモーティブ事業本部長)
 4月1日(水)よりスタートする「株式会社Mobility Technologies」という社名には、日本社会を支える基幹インフラの一つであるモビリティの発展をテクノロジーで牽引していくという我々の思いを込めました。
 現在両社では、日本のモビリティ産業をアップデートする様々なITサービスの提供を行っていますが、近年声高に叫ばれるMaaSをはじめとした交通の進化を実際に日本で実現していくためには、ラストワンマイルを担うオンデマンドモビリティであるタクシーが欠かせない存在であるという確信を持っています。これまで同様、タクシー事業者の方々と共に、タクシーの進化を起点とした日本のモビリティの発展を目指してまいります。
 「株式会社Mobility Technologies」は、日本のタクシー産業の進化、そしてその先の交通課題の解決、さらには社会課題の解決を実現するべく、今後も新たなサービスの開発を推進していきますので、ぜひご期待ください。