コーポレート

DeNA、「健康経営銘柄2020」に2年連続で選定

健康を軸とした他社との協働と社会への積極的な情報発信が高評価

2020年03月02日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、この度、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する『健康経営※銘柄2020』に昨年に続き2年連続で選定されました。
 健康経営銘柄は、2015年から経済産業省と東京証券取引所が共同で、東京証券取引所に上場している企業のうち、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業が選定されます。
※ 「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。
<DeNA健康経営方針>
DeNAは、大切な仲間である社員が安心して心身共に最高のパフォーマンスを発揮できる組織を目指しています。一人ひとりの人生が豊かでパワフルになることが、企業がより良いサービスを提供する活力、ひいては自社の発展につながると考えています。ヘルスケア事業や社内の健康サポートに関する取り組みから得た知見を、社員にとどまらず、ご家族や当社が関わるステークホルダーの皆様、地域、全国へと積極的に広め「健康が当たり前の社会」の実現に向けて取り組んでいます。
<評価のポイント>
DeNAは、「従業員の健康保持・増進を行う上での課題」について、特に「女性特有の健康課題等、健康保持・増進」「生活習慣病等の疾病の健常者に対する発生予防」「従業員間のコミュニケーションの促進」の3項目で高評価を得ています。
*当社グループの「健康経営銘柄 2020」への認定にあたっては、子会社である株式会社モバオク、株式会社PFDeNA、株式会社DeNAライフサイエンス、DeSCヘルスケア株式会社の取り組みも調査・評価の対象となりました。
<主な取り組み>
健康に配慮した弁当「ウェルメシ」を社員に提供 新入社員向けに専門家による健康研修を実施
【社内外の専門家との連携・他企業との協働取り組み】
マインドフルネスや腰痛・肩こり、女性特有の健康課題、腸内環境など多様なテーマにわたる取り組みは、社内の産業医、保健師、管理栄養士との連携をベースに、社外専門家や他企業とコラボレーションし、セミナーや商品の体験企画、大学研究室との共同研究まで幅広く行っています。
【取り組みの情報発信・推進者の育成・健康経営の社会普及】
自社サイトのブログや健康経営をテーマに他社を招いたオフィスツアーの実施、外部メディアの健康経営コラム、取材・講演を通じた積極的な情報発信や推進者の育成など健康経営の普及・活性化に力を入れています。
【IT/ICTを活用したDeNA流の働き方改革】
従業員一人ひとりが働きがいを感じ、能力を最大限に発揮できる状態を目指してパルスサーベイを月次で実施し、結果をモニタリングするツールを社内で開発しました。また、定型作業へのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)導入で、ウォッチ範囲拡大と人事メンバーの工数を月300時間以上削減するなど、精緻な労働時間管理を可能としました。
【社内コミュニケーション活性化・家族向けの取り組み】
社員同士が気軽にコミュニケーションをとれるチャットツールを積極的に活用。また、社員のご家族を会社やスポーツ観戦に招待するイベント等を積極的に実施しています。
【健康と働き方に関する相談窓口の設置】
女性従業員に限定した健康相談窓口に続き、シニア社員の健康や働き方に関する相談窓口も新たに開設しました。
今後も、従業員の生産性アップを健康面からサポートすると共に、様々な企業や専門家とのコラボレーションを通じて自社の健康課題にアプローチしていきます。
<参考>
経済産業省ニュースリリース
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200302002/20200302002.html
DeNA健康経営への取り組み(スマイル健康プロジェクト)
http://dena.com/jp/csr/cho-office/