コーポレート

DeNAと東京農業大学が産学連携の包括連携協定を締結

2020年08月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区、代表取締役社⻑兼CEO:守安 功、以下 DeNA)と東京農業大学(東京都世田谷区、学長:髙野 克己)は、国内外での食・農分野、及び情報技術産業の発展を目的として、産学連携の包括連携協定を2020年8月31日に締結いたします。
DeNAについて
 DeNAはヘルスケア、ゲーム、エンターテインメント、スポーツ、ライブストリーミング、スマートシティ、Eコマースなどの様々な分野で、インターネットやAIを活用した事業を展開しています。またDeNAは株式会社クボタと食農産業領域における包括的業務提携に向けた検討を開始しており、本領域への取り組みを進めております。
東京農業大学について
 東京農業大学は「生命」「食料」「環境」「健康」「資源」「地域」「グローバル」と農業関連を網羅し、グローバル化も積極展開する日本最大※の農学系総合大学です。世田谷キャンパス内に農生命科学研究所及びグローバル連携センターを設置しており、様々な研究成果を出すとともに国際化にも積極的に取り組んでいます。※学科数、学生数ともに農学系総合大学で日本一を誇ります。
包括連携協定について
 今回の包括連携協定の締結により、東京農業大学の食農産業における深い知見とDeNAのもつインターネット及びAI技術を組み合わせることにより、各種産業における社会課題の解決に向けた様々な取り組みを検討する予定です。双方がそれぞれ既に取り組んでいる健康・ヘルスケア関連の既存事業領域等に加え、食農産業領域等 DeNAとして新規領域となる分野での検討も予定しております。
 将来の構想として、対象産業を限定せず幅広い領域に範囲を広げ、共同研究・教育・産業支援等、国内外の産業全体に寄与する幅広い取り組みを目指します。