コーポレート

「健康経営優良法人2021(ホワイト500)」に認定

女性特有の健康課題や従業員間コミュニケーションへの対応が高評価 コロナ対策では出社比率10%以下のリモートワーク体制も推進中

2021年3月05日
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:守安 功、以下DeNA)は、経済産業省及び日本健康会議による健康経営優良法人制度において、「健康経営優良法人2021(大規模法人部門(ホワイト500))」に認定されました。
 この制度は、地域の健康課題に即した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。今回DeNAは、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門において、2017年、2018年に続き3度目となる「健康経営優良法人(ホワイト500)」の認定を取得しました。なお、DeNAは「健康経営銘柄」に2019年、2020年と2年連続で選定されています。
 ※ 「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。
<評価のポイント>
DeNAは、「情報開示・他社への普及」に関する取り組みの他、主な課題への対応では、特に「女性特有の健康課題等、健康保持・増進」「生活習慣病等の疾病の健常者に対する発生予防」「従業員間のコミュニケーションの促進」の3項目で高評価を得ています。
<DeNAの健康経営方針>
DeNAでは、平時より従業員の健康をサポートする様々な取組みを積極的に行なってきましたが、2020年からの新型コロナウイルス感染拡大状況下においては、従業員・その家族・周りの方々に対し感染させない、拡げないという守りのバランスを取りながら、新たな「働き方」への挑戦をしています。社内の対策本部がリードする形で、全社的に様々なインフラやツール、就業体制を迅速に整えリモートワーク体制へスムーズに移行しました。また、従業員の体調管理やメンタルヘルスのケアを目的とした各種オンラインコンテンツの配信や、ストレスチェック等の取組みも実施しています。リモートワーク導入から1年経った現在も、渋谷本社の出社比率は10%を下回り、社内の業務は円滑に進んでいます。引き続き新型コロナウイルス感染拡大状況に注視しながらニューノーマル時代の健康経営について柔軟に取り組んでまいります。
*当社グループの「健康経営優良法人 2021」への認定にあたっては、子会社である株式会社DeNAライフサイエンス、DeSCヘルスケア株式会社の取り組みも調査・評価の対象となりました。
<参考>
経済産業省ニュースリリース
https://www.meti.go.jp/press/2020/03/20210304005/20210304005.html
DeNA健康経営への取り組み
http://dena.com/jp/csr/cho-office/