ヘルスケア

ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」が 神奈川県の「ME-BYO BRAND」に認定

2021年5月07日

 株式会社ディー・エヌ・エー(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡村 信悟)の子会社であるDeSCヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:瀬川 翔、代表取締役医師:三宅 邦明、以下DeSCヘルスケア)が提供するヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom」が、神奈川県が未病の見える化や未病の改善につながる優れた商品・サービスを選定する「ME-BYO BRAND」に認定されました。
 株式会社DeNAライフサイエンス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:米山 拡志、以下DLS)が提供する一般向け遺伝子検査サービス「MYCODE」(2016年に認定)に続き、DeNAグループのヘルスケア事業として2例目の認定です。

 「ME-BYO BRAND」とは、生活習慣改善、ロコモティブシンドローム、メンタルヘルスケア(疲労・ストレス対策)、認知機能の見える化等の社会的課題の解決に向けて、神奈川県民の意識・行動変容に繋がるサービスを認定するものです。
 「kencom」は、厚生労働省が推奨する「データヘルス計画」に取り組む健康保険組合や自治体に導入されており、被保険者等に対する未病改善のきっかけづくりなどの社会基盤の醸成が期待できるサービスとして認定されました。

 DeSCヘルスケアは、今後もサービスを通じて人々の健康増進を推進してまいります。また、引き続き自治体との協働や、健康増進に向けた活動の普及に取り組みます。