スポーツ

DeNAとNEC、プロスポーツチームおよびそれらの試合会場でのICT活用に向け、協業事業検討パートナー契約を締結

- NECのAI等のICTを用いた、野球・バスケットボール・サッカーの競技場を核とした地域活性化に向けて3競技横断の実証検討を開始 -

2021年10月20日

写真左から DeNA スポーツ事業本部長 對馬 誠英、
NEC デジタルビジネスオファリング事業部 事業部長 武井 英治

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡村信悟、以下DeNA)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:森田 隆之、以下NEC)は、協業事業検討パートナー契約を締結し、DeNAが保有するプロ野球・横浜DeNAベイスターズ、プロバスケットボール・川崎ブレイブサンダース、DeNAが出資および経営参画しているプロサッカー・SC相模原の3チームおよびそれらの試合会場において、NECのICTを活用した実証実施に向けた検討を開始します。

 DeNAとNECは2020年10月に横浜スタジアムにてマスク着用率把握や人流把握を行った「コロナ対策における大規模イベントの人数制限緩和の技術実証」(注)での協働をきっかけに、withコロナ・afterコロナにおけるスポーツ興行や地域の活性化におけるICTの利活用について、より具体的な施策に進めるべく契約締結に至りました。なお、DeNAが関与する3競技横断の取り組みに関する契約締結は本件が初となります。

 DeNAは、「スポーツの力で“ひと”と“まち”を元気にする」をミッションに掲げ、神奈川県下におけるスポーツ事業およびそれに伴うまちづくりに関連した事業を展開しています。この度のNECとの取り組みにより、スポーツ興行における観客の利便性向上やより安心して観戦いただくことができる環境整備に向けた具体的な検討を推進できることを期待しています。

 NECは、AI、生体認証、セキュリティ技術等を活用した安全・安心なスポーツ観戦の環境づくりや、スタジアムとその周辺地域の活性化に取り組んでいます。今回、DeNAが関与する3競技を横断した様々な環境での実証を通し技術の評価・検証を行うことで、スポーツ事業やまちづくり事業への更なる貢献を目指します。

 今後両社および各スポーツチームを交えた協議を経て、2022年10月までに各試合会場における実証を検討していきます。

(注)
横浜スタジアムで行うプロ野球公式戦の観客数上限を緩和して開催
https://dena.com/jp/press/4656
https://jpn.nec.com/press/202010/20201015_02.html