オートモーティブ

カーシェアプラットフォーム「Anyca」 満足度の高いシェアを広めるために質の高いシェアをおこなったユーザーを認定する制度を開始

2021年11月15日

 株式会社DeNA SOMPO Mobility(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:馬場光、以下DeNA SOMPO Mobility)が運営しているカーシェアプラットフォーム「Anyca(エニカ)」は、安心で質の高いシェアをおこなってきたユーザーに対して認定をおこなう、「スーパーユーザー認定制度」を2021年11月15日(月)より開始しました。

 スーパーユーザー認定制度とは、安心で質の高いシェアをおこなってきたユーザーに対して、「Anyca」が認定する制度です。丁寧なおもてなしや、細やかな気遣い、日々のカーシェアでの努力を認定というかたちで讃えます。この制度では、オーナーだけでなく、ドライバーもスーパーユーザーを目指すことでき、ホスピタリティのある対応を増やし、双方がさらに安心して満足できるシェアの実現を目指します。

 認定には申請は不要で、オーナーとドライバーそれぞれ異なった審査基準で自動で審査がおこなわれます。スーパーユーザーに認定されるとアイコンにバッジが追加され、全ユーザーに対して表示されるため、初心者の方でも一目で良いオーナー、ドライバーであるかを認識することができます。審査は3ヶ月に1度、今までの「Anyca」の利用実績と審査対象期間の実績をもとにおこないます。全基準をクリアすると、次回の審査までの3ヶ月間バッジを獲得・維持できます。
※初回バッジ付与:2021年11月18日(木) / 初回審査対象期間:2021年8月15(日)~2021年11月14日(日)

審査基準

【オーナー】

今までの利用実績が対象
・返答率が90%以上
・平均返答時間が3時間以内
・承認率が90%以上
・3回以上同じドライバーとシェアしている実績がある

審査対象期間の利用実績が対象
・Anyca利用実績が1回以上 ※年間のシェア回数が4回以上
・レビューの平均スコアが4.8以上 (やりとりの丁寧さ、時間の正確さ、クルマの使用マナーなど)
・受渡/返却手続き完遂率100% ※本人確認や管理方法の確認、キズの確認といった確認項目をシェアごとにきちんとおこなっている

【ドライバー】

今までの利用実績が対象
・3回以上同じオーナーとシェアしている実績がある

審査対象期間の利用実績が対象
・Anyca利用実績が1回以上 ※年間のシェア回数が4回以上
・レビューの平均スコアが4.8以上 (やりとりの丁寧さ、時間の正確さ、クルマの使用マナーなど)
・受渡/返却手続き完遂率100% ※本人確認や管理方法の確認、キズの確認といった確認項目をシェアごとにきちんとおこなっている 

※スーパーオーナーは共同使用をおこなう個人のオーナーのみが対象です
※法人とのシェアは対象外です。
※Anyca Officialシェアカー等のレンタカーでのシェアは対象外です。
※ユーザーからの通報があった場合や、その他規約違反行為があったと判断された場合、 有効期限に関わらずスーパーユーザーの称号が剥奪されることがあります。
※受渡手続き時の本人確認は規約上の義務となっているため必ず完了させましょう。

 Anycaは「Anyca Safety Vision」を掲げ、専用の新保険/修理サポートのほか、コミュニティガイドラインの制定など、お客様がより安心で、満足できる個人間カーシェアをお使いいただける新たな取り組みをおこなっています。これからもお客様の安心・安全なカーシェアライフをサポートしていきます。