ヘルスケア

中外製薬・DeNAの関節リウマチ疾患啓発プロジェクト 「Ring Again」が発足から1年を記念し、新たな啓発活動を開始

2021年11月19日

 中外製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長CEO:奥田 修、以下:中外製薬)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡村 信悟 、以下DeNA)の子会社であるDeSCヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:瀬川 翔、代表取締役医師:三宅 邦明、以下DeSCヘルスケア)が行う関節リウマチの早期発見を目指す疾患啓発プロジェクト「Ring Again」は発足から1年が経ちました。プロジェクト開始1周年を機に、2021年11月22日(月)から新たな啓発活動を行います。

 関節リウマチは男性よりも女性がなりやすい疾患であるため、今回は女性への啓発を目的に東急東横線の女性専用車両に広告を掲載します。仕事や家事など身近な日常のシーンを切り取った訴求を行うことで、女性たちが関節リウマチを自分ごと化し、意識を高めていただくことを目指します。
 今後も「Ring Again」は、より多くの人がリウマチを知り、疾患の早期発見につながることを目指した取り組みを行います。

【取り組み内容】
・掲載期間:2021年11月22日(月)~2021年11月29日(月)
・掲出場所:東横線女性専用車 中づり

 

【「Ring Again」について】
 関節リウマチは、免疫の異常により関節を包む滑膜に炎症が起こる病気で、進行性のため、早期発見と早期治療が大切です。高齢者の病気というイメージが強いと言われますが、実際には働きざかりの30代から50代で多くの方が発症することが分かっています。
 Ring Againは、30代から50代の皆さまに日常生活の中で体の異変に気づいていただくために、毎日付けることで指の違和感やこわばりを見つけやすい「結婚指輪」をきっかけとしたプロジェクトです。「結婚指輪」を日常的に付けている方もそうでない方も、今一度「結婚指輪」に意識を向けていただき、ご自身の体調の変化に気づいていただくことを目指します。

<これまでのプレスリリース>
中外製薬・DeNA 関節リウマチの疾患啓発プロジェクト 「Ring Again」を共同で発足(2020年11月24日)
中外製薬・DeNAの関節リウマチ疾患啓発プロジェクト 「Ring Again」が、リウマチ月間に合わせて取り組みを開始(2021年6月1日)

【関節リウマチとは】
 関節リウマチは、主に30代から50代の女性に多く発症する自己免疫疾患であり、患者数は日本で70~80万人、世界では2,370万人と推計されています※1,※2。関節の痛みや変形などの機能障害を起こす全身性疾患であり、適切な治療を行わなければ病状は経時的に悪化することがあります。
 関節リウマチの薬物治療は、生物学的製剤の登場によって、治療のゴールとして寛解(症状のない状態)を目指すことが可能になりました。近年の研究では、発症初期段階での適切な治療により、骨・関節破壊の進行を抑制する効果が明らかになりつつあります※3。

【中外製薬について】
 中外製薬は、医療用医薬品に特化し東京に本社を置く、バイオ医薬品をリードする研究開発型の東京証券市場一部上場の製薬企業です。ロシュ・グループの重要メンバーとして、国内外で積極的な医療用医薬品の研究開発活動を展開し、アンメット・メディカルニーズを満たす革新的な医薬品の創製に取り組んでいます。中外製薬に関するさらに詳しい情報はhttps://www.chugai-pharm.co.jp/をご覧下さい。

出典:
1. 厚生科学審議会疾病対策部会 リウマチ・アレルギー対策委員会報告 
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001nfao-att/2r9852000001nfdx.pdf
2. WHO Global Burden of Disease Report, (table 7, page 32) 2004
http://www.who.int/healthinfo/global_burden_disease/GBD_report_2004update_full.pdf
3. Kaneko Y, et al. Ann Rheum Dis 2016;75:1917–1923.
https://ard.bmj.com/content/annrheumdis/75/11/1917.full.pdf