コーポレート

DeNA、合計約1万人に新型コロナワクチンの職域接種の実施を決定

ベンチャー支援のため、WeWork渋谷スクランブルスクエアの入居メンバーにも接種 横浜での感染拡大防止のためにクックパッドとも連携

2021年6月16日

 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:岡村 信悟 以下 DeNA)は、職域単位で新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が可能になることをうけ、DeNAの子会社等を含む従業員、派遣社員、家族等の希望者を対象に職場での新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種をおこなうことを決定し、政府の職域接種会場申請の手続きをおこないました。

 また、ベンチャー支援のために、WeWork Japan 合同会社(本社:東京都港区、最高経営責任者:ジョニー ユー 以下WeWork Japan)と連携し、当社が8月に本社を移転する予定のフレキシブルオフィス「WeWork 渋谷スクランブルスクエア」に入居するメンバーに対してもワクチンの接種をおこないます。

 さらに、地域内での感染拡大防止を目的としたワクチン接種率向上に寄与するために、横浜に本社を置くクックパッド株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表執行役:岩田 林平、以下 クックパッド)とも連携し、クックパッドの子会社等を含む従業員や家族等に対しても職域接種を実施します。

 職域接種が進むことで、自治体の負担が軽減され、社会全体のワクチン接種を早めることに繋げたいと考えています。

■職域接種概要

ー開始予定日:2021年6月21日(月)から準備が整い次第順次
ー接種予定場所:DeNA渋谷本社、横浜DeNAベイスターズ関内オフィス、DeNA新潟カスタマーサポートセンター
ー接種対象予定者:合計約11,000人
・DeNAの子会社等を含む従業員、派遣社員、家族等の希望者
・「WeWork 渋谷スクランブルスクエア」の入居メンバー等の希望者
※対象の方には別途予約方法をお知らせいたします
・クックパッドの子会社等を含む従業員や家族等の希望者

 なお、DeNAでは、勤務時間内に新型コロナウイルスワクチンの接種を可能にし、副反応時には特別休暇を付与する制度を導入しています(https://dena.com/jp/press/4742)。クックパッド株式会社においても同様の制度を導入予定です。

参考:DeNAグループにおける新型コロナウイルス感染症に関する取り組み 
「一人ひとりに 想像を超えるDelightを」をミッションに掲げるDeNAでは、withコロナの時代においても、皆さまの生活の変化に寄り添ったDelightを届けられるような各種取り組みをおこなっております。ヘルスケア事業では、これまで掲げてきた「楽しみながら、健康に。」をコンセプトに、withコロナの日常で生まれる様々な実態や課題に基づき、サービス利用者の方の健康増進に役立てる取り組みを推進しています。

また、「健康経営銘柄」に2年連続で選定されたDeNAでは、平時より従業員の健康をサポートする様々な取り組みを行なっていますが、withコロナにおいては、従業員・その家族・周りの方々に対し感染させない、拡げないという守りのバランスを取りながら、新たな「働き方」への挑戦をしております。

感染などの健康リスクおよび生活不安から従業員を守るだけではなく、DeNAのミッションの下に我々の事業を継続していくことで、あるいはそれ以外にもIT企業だからこそ可能な様々な手法を駆使することで、社会に貢献することを目指しております。DeNAグループにおける新型コロナウイルス感染症に関する取り組みについては下記、特設サイトを御覧ください。https://covid19.dena.com/