ヘルスケア

ヘルスケアエンターテインメントアプリ「kencom×ほけん」 朝日生命のすべてのお客様向けに提供開始

日々楽しめる健康増進活動をサポート

2019年08月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加
 朝日生命保険相互会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 木村 博紀、以下朝日生命)と、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO 守安 功、以下DeNA)の子会社であるDeSCヘルスケアは、2019年3月に締結した業務提携の第一弾として、2019年9月27日(金)から朝日生命のすべてのお客様向けに「kencom✕ほけん(けんこむほけん)」の提供を開始します。
 お客様に提供する「kencom×ほけん」は、DeSCヘルスケアが各企業の健康保険組合等に提供している「kencom」をベースに開発したアプリです。「kencom」最大の特徴は、高い利用継続率と、利用者の意識変容や行動変容に明らかな影響を及ぼしていることです。両社は、朝日生命の250万名を超えるお客様を中心とした幅広いお客様への「kencom×ほけん」の提供を通じて、どなたでも楽しみながら健康増進に取り組め、結果的に生活習慣病などの健康リスクの低減につなげることを目指します。
 また、お客様へのご提供とあわせて、朝日生命の職員向けにも「kencom」を導入します。健康経営の一環として職員の健康増進実現と健康意識向上を図ることで、お客様の健康増進の取組みをサポートする体制を構築します。
 両社は、「一人ひとりの“生きる”を支える」を企業ビジョンに掲げる朝日生命の強みである保険商品の企画・開発ノウハウと、DeNAがこれまで培ったエンゲージメントサイエンス(※)やヘルスケアサービスのノウハウを組み合わせることで、健康増進や疾病罹患率改善を実現するヘルスケア型の新たな保険サービスの形を目指しています。
 2020年度以降、取り組みの第二弾として、新たなヘルスケア型保険商品の共同開発を予定しています。さらに、朝日生命の生命保険販売ノウハウとDeNAのインターネットサービスで培った知見を活かして、生命保険マーケットの新たな開拓手法を構築します。
■「kencom×ほけん」について
 「kencom×ほけん」は、健康増進に役立つ情報配信や日々の歩数の自動記録のほか、ゲーミフィケーションを取り入れたプログラムなどの機能を備え、お客様が日常生活で楽しみながら気軽に健康増進活動に取り組んでいただくことができるヘルスケアエンターテインメントアプリです。
【機能概要】
∙ 健康管理機能
歩数が自動で計測・記録される等、健康を意識して日々の生活を送ることができます。
∙ 健康情報提供
お客様の好みに合わせて健康関連記事を配信する等、お役に立つ情報を毎日提供します。
∙ ポイントプログラム
毎日アプリをご利用いただくことでポイントが貯まる等、楽しみながらご継続いただけます。
・行動変容サービス
記録される歩数をベースに楽しみながら行動変容できるウォーキングイベントがご利用いただけます。
■「kencom」について
 DeSCヘルスケアでは「ICTを用いた健康増進サービスの継続利用と生活習慣病予防の予備的評価」に関する研究を行っており、本研究については「第28回日本健康教育学会学術大会」にて発表を行い、学会賞を受賞しています。
※データ分析力とサービス運用力に基づいて、利用者にサービスを楽しく使い続けてもらうためのノウハウ
【参考プレスリリース】
朝日生命とDeNAが業務提携
お客様の健康増進、疾病罹患率改善の実現に向けたヘルスケア型保険商品と健康増進支援サービス「KenCoM」の共同開発
https://www.asahi-life.co.jp/company/pressrelease/20190319.pdf
https://dena.com/jp/press/004455
「第28回日本健康教育学会学術大会」学会賞受賞 健康増進支援サービス「KenCoM」利用と生活習慣病の罹患の低減との関係について発表
https://dena.com/jp/press/004485